« トンカツ | トップページ | 久々に »

2020年5月31日 (日)

操縦桿

操縦桿なんて古いシステムで、
タッチスクリーンでのUIで十分、なんて論を見ると、
まあ、君にとってはそうなんだろね、と思ったり。

実際に使ったことないんだろなあ....と
(まあ、ちょっと触ったことくらいは
あるかもしれないけど、
理解できるほどは使ってないよね)

------

まあ、自分も操縦桿、触ったことないけど、
実際、自動車のハンドルやペダルと同じだと思う。

部外者には、操作用のデバイスに
見えるかもしれないけど、
練度が上がってくると、
あれらは、同時に重要なセンサーなんだよな。

ハンドルやペダルの操作の重さ、反力やらなんやら、
状態を動的に感じるための
重要なセンサーの役目を果たすように
なってきて、それ抜きには高度な操作が
出来なくなってくる。

------

操縦桿も、まず間違いなく、
各部の状態を操縦者に(高速に)
伝えるためのデバイスだろう。

バイワイヤって、そこができて初めて
実用ラインのスタートだと思う。
形だけを見て、ジョイスティック
だと思ってないか?


タッチパネルの表示を凝視して、
そこを指で操作するとか、
まあ、できなかないとは思うけど
一桁以上、反応に時間はかかるだろうね。

------

そもそも高加速度下では、何かを掴んでないと
手なんて、とても伸ばせないよ。
タッチパネルなんて、
どうやって操作するのか

なんで、レーシングカーの
ステアリングホイールに
たくさんスイッチが付いているのか?

横Gとかかかってると、
ほんの15cm先のダッシュボードに
手が伸ばせないんだよ。

ハンドルについてりゃ、
他の指でハンドル握りつつ、
指でスイッチ操作出るからね。

------

そのうちタッチパネルも反力を
出すようになるのか....?

そういう論を見たことは無いような。

結局触ったことのない人が、UIをつくると
ダメだろなあ、という事例に
また一つ積みあがったりするだけだったり。

|

« トンカツ | トップページ | 久々に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トンカツ | トップページ | 久々に »