« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月31日 (日)

操縦桿

操縦桿なんて古いシステムで、
タッチスクリーンでのUIで十分、なんて論を見ると、
まあ、君にとってはそうなんだろね、と思ったり。

実際に使ったことないんだろなあ....と
(まあ、ちょっと触ったことくらいは
あるかもしれないけど、
理解できるほどは使ってないよね)

------

まあ、自分も操縦桿、触ったことないけど、
実際、自動車のハンドルやペダルと同じだと思う。

部外者には、操作用のデバイスに
見えるかもしれないけど、
練度が上がってくると、
あれらは、同時に重要なセンサーなんだよな。

ハンドルやペダルの操作の重さ、反力やらなんやら、
状態を動的に感じるための
重要なセンサーの役目を果たすように
なってきて、それ抜きには高度な操作が
出来なくなってくる。

------

操縦桿も、まず間違いなく、
各部の状態を操縦者に(高速に)
伝えるためのデバイスだろう。

バイワイヤって、そこができて初めて
実用ラインのスタートだと思う。
形だけを見て、ジョイスティック
だと思ってないか?


タッチパネルの表示を凝視して、
そこを指で操作するとか、
まあ、できなかないとは思うけど
一桁以上、反応に時間はかかるだろうね。

------

そもそも高加速度下では、何かを掴んでないと
手なんて、とても伸ばせないよ。
タッチパネルなんて、
どうやって操作するのか

なんで、レーシングカーの
ステアリングホイールに
たくさんスイッチが付いているのか?

横Gとかかかってると、
ほんの15cm先のダッシュボードに
手が伸ばせないんだよ。

ハンドルについてりゃ、
他の指でハンドル握りつつ、
指でスイッチ操作出るからね。

------

そのうちタッチパネルも反力を
出すようになるのか....?

そういう論を見たことは無いような。

結局触ったことのない人が、UIをつくると
ダメだろなあ、という事例に
また一つ積みあがったりするだけだったり。

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

トンカツ

オーストリアになんどか行っているんだけど。
基本的にドイツ文化圏で、雰囲気よく似ているんだけど、
ところどころ、全然違ったりする。

食べ物、似てるようで結構雰囲気違ったり。
なんか、癖つよい感じ。
好き嫌いではないんだけど、
日本人、苦手なものも色々。

でもまあ、文化の違いのような気もする。
納豆とかよりはまだましな気もするが。

心理的抵抗とか、
初見の抵抗もあったりするけど、
食べてみてなじんでくると、
結構いけるじゃん、てものもある。

------

割と日本人にも抵抗ない、どこでも
食べられる料理に、シュニッツエル
なんてもんがある。

薄い肉に衣つけて揚げた肉料理で、
まあ、平たくトンカツとかの類
というか、そのまま。
シュバインシュニッツエルとか
もうトンカツそのまんまなので、
非常に口に合う。

そこで終わらないのが、オーストリア
料理なんだけど、どばっと掛かっている
ソースが、ラズベリージャムだったりする。

------

トンカツにジャム?とか一見ドン引き
なんだけど、食してみると意外と合っている
というかうまい。

よくよく考えてみると、トンカツソースなんて
材料、ほとんどジャムみたいなもんだ。

ジャムにスパイシーさはないけど、
欲しけりゃ自分でコショウでもふりゃいいし。

------

この手の日本人的に、ないわ....と
思わせるものが多い印象。

でも、引かずに行ってみると、
意外と発見があったりする。

日本人的に本当にダメなものも
有ったりするけどね。

鯉のから揚げとか
臭くて食えないよ...
臭みをなんとかするって食文化は
あまり無いようだ。
あと、量が多すぎるんだよな。

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

これは...

https://drive.google.com/file/d/1EbIafXL5trjtbRGqAtP1mUjRdiDeP_ir/view

ああ、これ。
やりがちなんだよなあ。

特に11ページの”相互接続ボード”はやばい。

いや、これ、一見便利っぽいんだけど。
こう作りたくなるのは良く分かるけど、
実際、難しいよ?
本当に機器チェックとかならいいけど、
本番ものでこれは....


あと、一部のパケットが通っているから、
CAN BUSは問題ないってのは、
CANあるある先入観。ヤバイ

一部のパケットだけ通らないなんて
ザラだよね。
ハード的にもロジック的にも
普通に起こるよ。

こういう、直感に反するトラブル発現が、
CANの真骨頂だね。

結果、違うところに原因を求めてしまって、
非常に遠回りする、CANトラブルの
いつものパターンぽい。

こりゃあ、苦労するだろなあ....


同じ記事で、摩擦による帯電なんてのもあって、
さらにヤバい。

なんで絶縁型CANドライバなんて
ものが存在して、もうそこらじゅうで
使われているか、という話とか....




こういう技術情報は有り難いというか。
なんとなく、何が起きてるか
分かる気がするというか。

オブザーバーみたいな人はいないんだろうか?

| | コメント (2)

2020年5月27日 (水)

いやぁ

これこそが、”ロジカルに”
正しい対応をして、結果
正しく収まってる、って解釈が、
”ロジカルに” 自然だと思うけど。

そう思いたくないって時点で、
なんとか自分の先入観で、
バイアス掛けたがってるよねえ?

ってのに反論できるなら、
聞いてみたい気もする。


こんな主観だけ頼りの主張じゃ、
アカデミアでは通用しない
気もするんだけど。

扇動されていたのは(本当は)だれだ?



無責任な放言は、あとで
答え合わせできる物については
しない方が良いと思う。

オオカミ少年になっちゃうからね。

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

たのしー

なんでも思うように動くようになってくると、
こりゃ楽しいもんだが。

ネットワーク関連、ぐるぐる弄ってると、
世界が広がる。


時々出社。
用事済んだら早々撤収、籠って作業
....在宅って、こういうのでいいんだっけ?

まあいい。
何べん聞いても、これでやっといてくれ
としか言われないし。

めちゃくちゃ楽で捗るので、いけるとこまで
これで行く所存。

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

給付金君さあ...

国家予算100兆円くらいの規模でさ、
一人頭10万円出すじゃない?
1億2千万からいるから、
関連経費抜きでも12兆円だね。

一般会計みても消費税収でも
全部で17兆円くらいだよ?

どうすんのこれ?
だせだせ言うのは勝手だけど、
どこにそんな金が有るって
言うんだろうね...

ざっと向こう1年間は、消費税20%にしないと
収支会わないよね、これ。

そういうことだよ?
どれだけの人が分かってるのやら。

出すのは今でも反対だけど
決めちゃったんなら
しかたないけどね。

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

socket

あー、本当に今更なんだけど、
socketって、繋がるときにしか、
相手の情報必要ないのね。
それで、こういう挙動になるのか....

文章にすると当たり前すぎるんだけど、
どうもほかのプロトコルなんかのイメージで
捉えてることが多すぎるな...

なんだかやっとルーターとかの挙動の
意味が分かった気がする。
少し。

思ったより簡単に実装できそうだ。
まあ、もともと、シンプルな
もんなんだろけどね。
ネットワークなんてね。

| | コメント (0)

うーん...

なんで、大学行ってさらにアカデミックな道に進んだら、
自動的に楽しい研究生活が出来て、潤沢な収入も入る
なんて思えるんだろう?

実際はそんなことない、ってことに後から気づいて
あれこれ嘆くとか、勝手だなあと思う。

一体、その甘えと言うか、超楽観パラダイス的
先入観の根源はどこに?

一流大学に入ることが良しとされているから?


でもあくまでそれは可能性が上がる(選択肢が増える)
だけであって、そこに行けば自動的に
ゴールなんてことは無いんだけど。
本質的な前提を間違えている?

結局、過程で苦しい思いをしてようが
どうだろうが、そこはほとんど関係ない。
かわいそうだけど、本当に関係ない。

苦しい思いしたから報われるべきとか、
信じてるなら、それも甘えにしか見えない。


可能性を十分上げたうえで、手札を開いて
勝負するとこまでがセットだよ。
なんとなく流されずにさあ。


もちろん運よく、楽しく研究して
いい生活できている。
そういう風にできる人もいるけど、
それは別の話。

ああ、こういうことをちゃんと教えないと、
本来優秀で、いろいろなことで世の中の
為にならなきゃいけない人たちが
ヘンテコなところに沈んじゃうんだなあ。

こういうこと、どうやってちゃんと
教えりゃいいんだろうね。


というか、時間が大幅に過ぎてしまってから、
実はこうなっている、ってことに気づいて
しまって絶望してるのか?
やっぱり本人自ら立ち上がらないとダメな気がする。、

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

ここの所

生産性が非常に高い。在宅最高。

この仕事ならではなんだけど。
今、実質3拠点に自席があるのだけど、
自宅の作業机がメインの仕事場だ。
3つの県にまたがる4拠点と言う感じ。
どの県も互いに接してないんだぜ?
どこの役員だよ...

テレワークも今の処、全く問題なし。
拠点間の仕事もくっつけられるから、
普段なら片道3時間だけど、
今なら0分。
何なら、ダブルブッキングも捌けるな。

時間半分でも、いつもの倍は捗って
非常に非常に良い環境だ。

日々の報告もだらだら書いて
勝手に送り付けてるんだけど、
もっと細かい話いりますか?と
聞いてみても、
いや、いい。との即答を頂く。

ああ、最初からこれでよかったんじゃね?
マジで。
死んじゃうほどやりやすいし、成果もすごいよ。

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

祝杯

いつもは被るようなことはしないんだけど。

どうにも辛気臭いので、

200520

本業のそこそこ長くやってる案件。

本日めでたく開発項目が一巡り。
色々確定した。

一巡ルート、不連続なところは無くなって、
すべて無限回微分可能なルートで接続された。

これで、槍でもなんでももってこい、
って状況になった。

------

これもひとえに在宅勤務のおかげ。
これなしでは、絶対こんなに短期間には
成しえなかったよなあ。

なにか、正規の対応になりそうな
雰囲気もあるし、今年は運気が
向いてきているのかもしれぬ。

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

まあこの辺で最後にしときたいけど

某氏さあ...

問題なのは、全然そこじゃなくてさあ、
チョーシこいてふざけた真似したりしてさあ?
覚悟もないのに絡んだりとかさあ?

ああ、そう。やるのなら構わんけど、
って言われて、ワンパン返されてさあ、
いきなり、メンタルだからとか言い出して
脱出するのが筋通ってないでしょ、って話。
まずはほかに、言うことあるんじゃないの?

性格悪いとか、破綻してるとかじゃなくてさ。

------


返すあてのないカネは借りるな。
途中で世話放り出すなら、ペットなんて飼うな。
最後までやる覚悟のないケンカは売るな。
シンプルかつ、性格関係ない話。


あと、ケンカなんてさあ、
どっちがどうか、なんて最終的には
大した話じゃなくてさ、
最後までやる覚悟があるか(あったか)
どうかじゃないの?
評価されるのはさ。




まあ、言うことは以上としよう。
あとは自分の人生だな。

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

ハイオクとビジネス雑誌

ビジネス雑誌は色々なことが書いてある割には
週刊誌並みに信憑性に欠けるなあ、と思ってる。

なんか、ガソリンのハイオクとレギュラー、
ガソリンの質には違いが無くて、
洗浄剤が入ってるくらいだって?
こりゃまた、トンデモだなあ。

そりゃ、君の車に給油しても
違いが判らんかもしれんけどね。

そもそも比重からして違うでしょ?
そんくらい調べりゃすぐわかりそうなもんだが....
空燃比は重量比なんだからさあ、
同じ1リットルのガソリンでも、
比重の差だけですら、多くの空気燃やしてる
のわかるでしょ。

ビジネス誌なんて読んじゃいけないなあ、
と、つくづく思う



で、ね。違いが少ない、なんて言ってる
虚偽ニュースの、各社のハイオクだけどね、
メーカー間で実、際結構違うよ?
もしおんなじだったら、苦労しないさw

なんでこんなこと知ってるかと言うと、
サーキットってさ、それぞれテナントで入ってる
ガソリンスタンド、違うんだよね...
レースの時は、そこで買ったガソリンでないと
使用禁止だし、銘柄選べないよ?
(終了後にサンプル取られる。
売ってるのと別成分が入ってると即失格)

しょうがないから、売ってるガソリンで
いろいろやってみるでしょ?するとね...


でさ、さらに季節ごとにガソリンて
配合違うんだよね。
どうも、4半期位ごとに変えてるっぽい感じ。
季節に合わせた調整してるようだ。

エンジンベンチ回してる人は、
大概感覚として知っているようだ



で、なにが同じだって?
憶測記事ですらないよなあ。
こんなの。

世の中って、メディアなんて
こんなもんだからなあ。
色々、まったくあてにならないよ。

直接本人に聞きに行くか、自分で確かめる
くらいしか、手はないんだよなあ。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

一応

何が変わったのは良く分からないけど、
緊急事態宣言とやらは即日解除となった。

まあ世の常として、始めるまでは時間が
掛かるけど、始めてしまうとなかなか
仕舞えない。
号令じゃなくて、人の動きとしてね。

それを十分承知しているから、
なかなか宣言とやら、出さなかった
んだろうけど。
結構、いい判断だとは思っている。


やれやれ言う人。
責任ない人が騒いでも、
しょうがないんだよなあ....

そういう人って、パフォーマンスは
大好きだけど。
街角で騒ぐのは好きだけどね。
みんなでちゃんとやりましょう、とか
地味な啓蒙活動なんかは
やらないんだよな。

------

まあ、個人的には、作業も
捗った(捗っている)し。
日常環境の展開も、非常に
いい要素も出てきているし。
周辺組織のダメなところは、
きっちり置き去りにしつつあるし。

これ、ここ数年分の進捗が、
すごいことになりそうだ。

もちろんそのつもりでは、
やっているんだけど、
回収率凄いことになってるなあ。
実質、2か月にもならない
んだよ....これで。


まったく、趣味のロボット活動に割く
リソースが、かけらもありゃしねえ、
という状況だ。

| | コメント (0)

2020年5月15日 (金)

勤務形態

おおお、これは...

これ、こっちにとっては願ったりだなあ。
この騒動分は、十分取り返せるどころか
めちゃくちゃメリットある。
ほんとにこれでいいの?レベル。

それもこれも、一年前の環境変更が
あってこそなんだけど。

あのままの環境だと、間違いなく
なんの恩恵もなかったわけだし。
ありえんジャストフィット。
こんな展開もあるんだなあ。

当初はいろいろ大変だったけど、
すべては繋がっているんだなあ。

| | コメント (0)

2020年5月14日 (木)

話しを聞かないって

いっても、実際にはいくつかあって。

唯我独尊。
他人の意見はまあ、参考程度でわが道を行く、
ってのは、まあまだokだ。

こういうのは、実際に失敗が重なると
理由を探しに来るようになる。

------

今一つは、相手のことが、
いろんな事情で気にいらない。
言ってる/言われてしまったことを、
どうしても否定したいって動機での、
話を聞かないパターン。

意地でも逆張りしたいことの現れ。

一生反抗期?
ガキw


相手のことが気に入ろうが
気に入るまいが、無駄なツッパリは
安いプライドは満足するかも
しれないけど、大概支払いが伴う。(高価い)

これは軌道修正が難しい。

しまいにゃ、正解を先に言われた
相手のことを逆恨みしたり。

あいつがこう言ったから、俺が
苦労している、みたいな。

本人にとっては世の理不尽
なんだろうけど、外から見てると
寒いギャグだ。

------

自分のプライド?が自分を
苦しめてるだけだよ。

まあ、言えるのは、自分のプライドに
自ら見切りをつけられれば、
人生展開するけどねえ...
そっからスタートだから、人生。

| | コメント (0)

2020年5月12日 (火)

そうだねえ...

いくらあれこれ言葉を並べてもね。
意識的に言わない処や、実際の背景なんかを見てしまうとね、

言葉が全部、滑ってくんだよね....


今だけじゃなくてね、そういう例、たくさん見たよ。
歳重ねたなあと、実感するのはそういう処。


(自称)若い人もね、言葉じりで逃げようとしないで、
ちゃんと自分の目で見て、考えな。
教育受けたという自負あるなら、なおさらね。

人の話、聞かずに逆張りして失敗してます、
って言うわけにはいかないんだろうけどね。



続きを読む "そうだねえ..."

| | コメント (0)

2020年5月11日 (月)

バイナリファイル.....

バイナリファイルです、と言われて出てきたファイル(拡張子は*.bin)
開けてみたんだけど、なんだかへんだ??

なんだこれ、ASCII文字のテキストデータ(0~F)で
16進数がズラズラとべた書きされてるだけかよ!!怒怒
しかもちゃんとEOFが、^Zになってるじゃねーか。切

これはなあ、テキストファイルっって言うんだよ。いい加減に城


こんな珍妙なファイルをバイナリファイル、と称する
文化圏もあるのか。

無知は罪、という言葉を痛感する。


つうか、こんな中途半端なファイル、
どうやって処理すりゃいいんだ笑


こういうのやりたいんなら、
インテルHEXとか、Sレコードとか、
いくらでも有名どころがあるから、
そういうので作ってほしいなあ。

まあ、今どきHEXファイルなんて
言っても、通じないのかも
しれないなあ。

| | コメント (0)

2020年5月 9日 (土)

ヒープ領域

ああこれ、標準ライブラリ。
どうしてもヒープ領域用意しないと動かないのか...

まあ、しゃあない。
不確定要素、増やしたくはないんだけど、
領域の上限、ハードコードでも監視してりゃいいか。

これで、newlib、所望の動きをするようにはなった。...が
結構たくさん要求してくるなあ....
ちゃんと見てないと危ないレベル。

| | コメント (0)

富裕層?

うーん、でもさあ、

国からの指示で行ったとかならともかく
自分の意志で進学したんだし、
責任は自分持ちじゃないのかな。

車や家、ローンで買ってもさあ、
環境が変わって、払えなくなったら
手放すのもやむなしと思うよ?

なんで借金が学費なら、
免除しろって話になるのかなあ?
払えなくなったら、辞めるのが筋じゃないのかな。

もったいないけど、しゃーないじゃん?


もちろん、車だって家だって大学だって
始めた以上、終わるまでちゃんとやりたいけど。
大学なんて、途中でやめると
家とか車以上にもったいないのも確かだけど
だから何、という気もする。

だから、進学とか、ちゃんと資金面
担保出来てからってのが、
普通のローンの買い物以上に大事かと。

普通の借金と違って、抵当をつける
ものがないんだよなあ、進学って。


見方によっては、これ、一旦贅沢な
生活しちゃったひとは、見栄を張り続ける
パターンなのでは。

感情論では、議論が難しいよ?

続きを読む "富裕層?"

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

ADHDとか

自称発達障害の人って結構いるんだけど、
まあそうだね、って感じ。
でも、ちょっと腑に落ちないことあったり。

自分も、他人と話すのは苦手だし、
気分があれることもそこそこあるし、
作業効率にものすごくムラがあって、
安定したペースが保てない、なんて何時ものことだ。

でも、俺もADHD、というと、
絶対にそれは無いとか
自称の当人に言われてしまう

自分のことはADHDと触れ回るのに
相手のことは違うと言い切れるのは
どういうことなんだろう?
これも発達障害ってことなのか。

自称がダメなら、なんだってダメな
気がするがなあ。

見た目で判断するのはダメだ、
判断されて苦しいなどと主張する人が、
自身は、おしなべて主観、
印象のみで言い切っているのは
どう付き合えばいいんだろうね...

人付き合いって、難しいよなあ。

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

I2Cの怖かった話

結局迷宮入りってことで
埋められちゃったネタを一つ。

------

とあるシステムで、時々I2Cの応答が
止まっちゃう、ってことがあった。

よくあること?なんだけど...
このレベルなら回避策もあるんだけど...
そもそもなんで止まるの?って所が怖い。

------

異常動作をしていたのは、予想通り
SCLの誤認識。

SCL立ち上がりの所で、なにかのトリガで
バスストレッチの要求ありと判定するみたいで
スレーブ側で、クロックが一つ飛ばされてしまう。

で、マスタはクロック全部出してるんだけど
スレーブ側はいつまでも、最後のSCL
(よりによってACK...)を待ったまま
止まってしまう。

------

色々回路を追っていくと、問題のI2Cバス
にはかなり大きめのプルアップ抵抗
(3.3Vに対して4.7kくらい)、
はっきり大き目のダンパ抵抗(100Ωくらい)に
とどめのパスコン1nFくらい?

何だこりゃ?と思ったのだけど、どうも
一番最初は、5Vのシステムだったのが
いつの間にやら3.3Vに変更されていたようだ。
これ定数大き目?と問うと、
過去のノイズ対策ガー、とのこと。

チップ変えたら、定数は都度評価してほしいなあ...

I2Cって、レベル動作しているから、
エッジをなましても仕方ないんじゃ?
一体、何を根拠にノイズ対策なんだろう。

スペックには入っているから問題ない、
との話だったのだけど。
どうも気持ち悪い....
そもそもバスに、わざわざ負荷容量つけんなよ...

------

で、問題のタイミングは、ソフトウエア
依存性があるという。
はああ?て感じだったけど。
どこよ、と聞いてひっくり返った。

I2Cの通信のタイミングが、ADCの
起動タイミングにかぶると、
シビアなタイミングでエラーが
発生している、との観測結果があったようだ。

なんじゃそら。
I2CとADCのペリフェラルなんて、
何にも関係ないでしょ....

------

ここんところで、
マイコンチップ内部の問題って
ことで放り投げられてしまった。

回路設計の問題ではない、と。

まあ、投げ時と言えばそう(これは深入りしたくない...)
なので、致し方ないか、という感じなのだけど。

------

決着ついた後、じっと回路図見ていると、
このI2Cのピンは、ADCの入力ピンにも
設定できることに気づいた。


ああー、これ、もしかすると、あれだな。

ADCは、別の複数のピンを切り替えながら
動作してるけど、コンバーターは一つだ。
マルチプレクサが、アナログ入力ピンを
切り替えながら動作してるんだよな....

当然、I2Cのピンはアナログピンとしては
使ってないけど、内部回路的には多分繋がってる
(ハイインピは、繋がってないわけじゃない)

で、マルチプレクサの切り替えにグリッジが
発生するようなロジックがあって、
ADCのサンプルホールド回路とかに
残っている電荷が一瞬だけ、
問題のピンにチャージされるんじゃないか?
クロストークレベルで。

------

こんなもの、通常のロジック動作では
ほとんど影響しないレベルだと思うけど。

色々間の悪い状況が重なって、よりによって
I2CのSCLの立ち上がりに重畳すると
ピン電位が微妙に下がってしまって、
アウト、ってことなんじゃないだろうか。

当該のI2Cのアヤシいノイズ対策も、
外からのノイズには、機能するかも
しれないけど、内部で発生する
ノイズに対しては、無力というか
悪い方向にしか効かない気がする....

でかいCRのおかげで、危険な
電圧レベルの通過に時間が掛かって
しまっているよな。

せめてプルアップ、1.8kくらいに
してくんないかな...

あと、そこまでわかってるなら、
I2C動かすときには、
ちょっとだけADC止めりゃ
いいじゃん、と思うんだけど。

------

まあ自分からは、遠い処の話だし、
結局、話は埋められてしまったので、
如何こうできないのだけど
自分的には、腹に落ちた。

裏は取れなかったけど、
状況証拠から、ほぼこれだと思っている。

物は、割と今どきのマイコン(旧M社)なんだけど、
こういうこともあるんだなあ、と。

| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

CAN徒然

CANについてつれづれと。

なんだかずっとCANには煮え湯を飲まされ続けてるんだけど、
世間ではあんまりそんな話を聞かない気がする。

まあ、こういうの、自分の能力の裏返しでもあるから
不用意な発言は恥をかくだけ、ってことになるのだけど。

まあ、実際の実装見ても、本職?の作るものは
厳重な(ここまでやるの?って)対策が施してあるので
うたい文句のようにはいかない、って
雰囲気は強く感じるのだけどね。

------

そもそも基本的にやっちゃいかんでしょ、って
実装が多すぎて、トータルシステムを運用すると
死しか見えない、ってのがひどすぎる。

CANの理想と現実、って題で、一冊くらい
同人紙くらいなら軽くかけるんじゃない?
って感じだけど、この辺、あまり光を
当てても、困っちゃう所が
多すぎになりそう。

こっちは過去のバカ話のつもりでも、
実際に直面しているところでは、
シャレにならないからなあ。

CANだって、本当はUART並みに
ボーレート誤差、許容するんだよ?
規格はまあ、あるけど、ずれてくると
自動でクロックのカウントをずらして
ちゃんと読んでくれる。
本来、1%~くらいのクロック誤差なら、
ものともしないんだけどね....

2%弱くらいの(設計)誤差で1:Nで、
普通に通信できていたんだけど、
ある日、後付け追加で来たアレがね...とか

現実はそうならないところとかに、
闇がたくさんあるわけで。

CANの規格にちゃんと書いてない
部分(結構たくさんある)とかで、
CANの動作、趣旨を理解せずに
UARTのつもりで書いちゃいました~
って所に、致命的な動作仕様が
生まれがちだ。

まあ大体、人間の問題なんだけどね。

| | コメント (0)

2020年5月 4日 (月)

ロケット基板

先日のロケットの基板画像を見つけた。
https://image.itmedia.co.jp/l/im/mn/articles/2004/23/l_tiketani1630690_ist2004_fig03_w490.jpg#_ga=2.174587297.263064582.1588561935-2003634390.1588561935

まあ、あれこれ外野が言うことは無いんだけど。
これだけの情報で見た目だけでも、色々思うところあるな...

なんとなくだけど、ロゴの位置とか発振子の位置から、
stm32fの64ピンパッケージに見えるね。
位置的に多分、右上がシリアル(デバッグ、書き込み)ポートだね。

------

基本的にCANを使うような環境の人が
それ用に作った回路/基板じゃないなあ、という印象。

これでもまあ、動くには動くかな、とは
思うけど、一発勝負もので、ちょっと厳しくないか
これ?って感じ。

無茶な基板も、マウスとか、イケイケノリで作るなら
楽しいけどね。

------

とりあえず、細かいけど重要なポイントとして
これ、オシレーターって書いてるけど、
オシレーターじゃないね。
このパッケージの水晶、多分、
こういう使い道には、止めといた方がいいと思うけど。
これはこれで評価済みなのかな...

この基板の問題は、見た感じだと、オシレータじゃない
ような気がする。
電源系の方じゃないかなあ。

あと、この距離でのCAN BUS、
無理な気がする。色んな意味で。
細長い機体の長手方向にバス走ってるんだよね?多分。
それともなにか工夫してあるのかな...

センサ基板て、実機でも本当にジュラコンの
スペーサーで止まってるのか?とか。

まあ、言い出したらきりないし、公開しているものと
実際は違う物だったりするだろうしね....

続きを読む "ロケット基板"

| | コメント (0)

2020年5月 3日 (日)

補償と雑感

なんだか、補償補償、にぎやかだけどさぁ。

誰の財布から出ると思っているんだろう?
国の財源なんて、君らの親の財布から
くすねるようなもんじゃなくて、
結局、自分の財布だよ?

結局、手数料込みで税金とかに跳ね
返ってくるんだから、そんな無駄なこと
しないでほしいなあ....

目先の現金で景気を先食いしても
後で苦しくなるだけだから、
考え直してほしいくらい。

------

罵ったり、非難したり、みんな
まだまだ危機感足りないなあ、
と思ってみている。

まあ、自分なりに慎重に見てて、
結構うまくやってるように見えるんだけど。
何やっても、騒ぐ人は必ず裏を言って
騒ぐしね...

本当に危機感足りてない。
まあ、人間の知恵はこの程度
なんだよなあ。
自分も知恵は足りないと思うけど
立っている位置は、なるべく把握
したいと思っている

| | コメント (0)

2020年5月 1日 (金)

I2C

TLに、I2C使うときには、バスリピーターを使わないと
時々バスが止まる、との記述がある。

経験則からも、バスが止まるのはそうだな...

規格として、バスストレッチがあるのに、
そのタイムアウトが規格に設定されてない、
とか、構造的な問題な気がしている。

マイコンはWDTあるから(まだ)いいけど、
デバイス側にも個別にWDT欲しいなあ、
という気になる。


でもバスリピーターつけると回避できる
ってのは、どういう仕組みなんだろう?

回路見ると、イネーブルは固定だし
電気的にバスがノイズに強くなる、
って程度の意味なのか。
確率的に回避しやすくなる、ってことなのかな。

------

I2Cには、ずいぶんいてこまされた。

NXPには、I2Cの規格書があって、
https://www.nxp.com/docs/en/user-guide/UM10204.pdf
日本語もあるし
https://www.nxp.com/docs/ja/user-guide/UM10204.pdf

大した量じゃないので一度読んでみると
いいのだけれど、これの3.1.16節。

可能性は低いが、クロックラインがLで止まった場合は
ハードウエアリセットかパワーオンリセットを
すべき、と明記されちゃってる。

まあ、公式にこう書いてあるので、
逆にやりやすくはあるんだけど。

絶対止まってほしくない!ってものに
使わない、公式な理由にできるし。
それでも使うときは、ソフトウエアから
パワーオンリセットできる構造が必須、
という話にできる。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »