« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月30日 (月)

属人的な業務とトラブルシュート

あたかも絶対正義のように語られる、
”正しい” 業務のやり方、まあ、いろいろあるんだけどね。

言葉は正しい概念なんだけど、その解釈が絶望的で
どうしようもない状況、ってのも見たりする。

最近は、掲題の”属人的な仕事”ってのが
悲惨な状況を作ってるのに気づいたりする

------

まあ、本来の意味の属人的な仕事が生産性を
落とすってのは分かるよ。
仕事の標準化、マニュアル化で、
誰かに聞かないとわからない仕事を
なくすってのは、その通りだ。

でもまあ、これって、聞けば誰でも
すぐわかる、って内容に限った話だよな。

どうも、これを拡大解釈して、
スキルの必要な話まで広げちゃってるような気がする。

------

スキルって、ノウハウみたいな部分はまあ、
マニュアル化できるかもしれないけど、
膨大な知識と経験、それの上でのセンス、
ヒラメキ諸々さらにプラス、運みたいな
処があるわけで。

これはまさに属人的なものの最高峰なんだけど。

どうも、こういったものも、ひとくくりで
属人的なもの、としようとしている。

まあ先ずは、マニュアル化しようとするんだけど
根本的に無理があるので、すぐに放り出されたり。

まあ次に、こういうものをメンバーに期待するのは
正しい進め方でない?みたいな話に持ってかれて
メンバーの最大公約数的な範囲のみで
仕事をするのが正義!みたいになったりする。

あちゃー、それで、パワポとかエクセル
(カタカナ表記)だけで仕事するようになるのね...

------

まあ当然、(例えば)トラブルシュートなんてものは、
MSオフィスツールでは、絶対に進んだりしないので。

都度、振り切ったつもりでも、
だんだんじわじわ、不良債権が溜まっていくんだけど。

------

そらまあ、ちゃんとしたスキル欲しい人は、
属人的業務排斥の名のもとに、本来の仕事を
やらせてもらえない環境からは、逃げ出すよな。

まあ、百歩譲って、逃げ出すものは
仕方ないとしても。
残された環境のほうで、なんで、こんな
ことも解決できないんだ、とか言い出したり、
言わないまでも、深刻に困ったりしてるのは
ある種、喜劇でしかない。

------

まあ、選んだ道だから、(組織が)死ぬまで
突っ張りなよ、とも思うんだけど。

まさか、最大公約数みたいな何かで、
世の中うまくいくなんて思ってたんじゃないよね、
と問いただしては、みたい。

しれっと絶望的な返事が返ってきそうで、アレだけど。

------

なので、何とかしたい人(役職の上下は
あまり関係ない)だけ引き連れて、
約束の地を目指したくなったりしているw

まあ、箱舟でもいいんだけど。

ぼちぼち作っている箱舟、
まあ、みんな遠巻きに見てるんだけど、
心の葛藤が見えるようだね。

------

今年はそんなことを
(予期せず)始めた元年でもあったな。

来年も忙しそうだけど、展開次第では
なかなかおもしろそうだ。

たまったもんじゃない人も出そうだけど。
なあに、物事の進歩には、いくらかの
犠牲はつきものだよ。

| | コメント (0)

2019年12月28日 (土)

バンコク電気街探訪 おまけ

その他撮った画像とか

1912286
マイクロチップ代理店?
まったく半導体無いわけではないみたいだけど...
扱うお店は限られているみたい。
ESP32系のモジュールもちらほら。


1912281
??1500Fと表記のあるキャパシタ。
ロング缶くらいあるな...
しかもこの形状...取り外し前提ってこと?
何用なのか

1912284
最近じゃすっかり見なくなった円盤系ドライブ
日米でも、もう無いんじゃないかなあ。


1912283
日本ではCRCは556だけど、世界ではこっちだね。
世界中、作業のあるとこなら、どこでも売ってるな。

1912282
Z84000とあるので、Z80のトレーニングボードかな。
立派なケースに展示されている。

1912285
路上でリチウムバッテリ専門に売ってる
18650、まだまだ現役。

1912287
FLUKE87-V(看板のみ)

自分(都度の仕事でも)の標準装備品
今回も持ち込んでいる。

こいつも世界中で手に入る。
つまり何かあっても、どこの国でも
補給品が手に入るってことだ。
そんなことになったことはないけど。

安心感、頼りがいはあるので愛用
まあ、そうそう壊した(れた)ことは
ないけど

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

バンコク電気街探訪3

19122623 19122624

かなりでっかいリポも売ってる。
ちょっとそそるけど、持って帰れない。

19122625

懐かしい!ダラスのバックアップRAMモジュール
昔は、PCマザーボードによく付いてたっけ。
やっぱり、この街は家電の修理屋の街なんだねえ。

19122627 19122626
扇風機の羽だけとか、洗濯機のモーター(しかも2槽用...)
こんなものまで店頭販売か

19122628 19122629 19122630
猫猫鳥鳥

19122631

こういうのこっちでは夜の街でも、あんまり見ないんだけど
ここでは昼間から堂々と並んでる。
まあ、秋葉も似たようなもんだけどね...

19122632

記念になんか買って帰る。
秋葉の千石とかでみる、小さな波動スイッチ。
赤とか黒は見るけど、この色は無いな
値段を聞くと一個5バーツ(¥20)
日本語バリバリ通じるしw

おつり50バーツね、とか言って渡される。

よっぽどみんな来るんだろうね。

------

総括としては、秋葉原から萌えとPC関連を
抜いたような街かな。
白物家電も売り物は少ないね。

オーディオもものすごくたくさんあるけど、
どれもこれも巨大なアナログアンプで、
デジタルの気配は、ほとんど感じない。

真空管屋はここでも繁盛しているようだ。
秋葉と変わらないな。

本来の?秋葉原、って感じかもしれない。
本職しか用事がなかったころの。

たっぷり堪能して、宿に帰還。

| | コメント (0)

2019年12月26日 (木)

バンコク電気街探訪2

その辺の路上で、はんだごてでみんな何か作業している。

19122613 1912261419122616

なんだか、でかいアナログオーディオアンプをばらして
中の基板の修理していたりとか、
白物家電の制御基板とか、扇風機のモーター
手巻きしていたりとか。

これって、こっちがこの街のメインなのかもな。
だったら、周囲の店の商品ラインナップも
分かる気がする。

19122615

んー、2SB337?いまだ現役ですか...
この手の部品ばっかりたくさんある。

どう見てもA級、B級あたりのオーディオアンプ用の
トランジスタだしなあ。
修理の需要が、まだまだあるってことなんだな。

19122618 19122617

この辺は、完全に現役の自動車用コネクタと、
半完成品ばっかりだな。
自動車アクセサリの組付け部品っぽい。
こういう需要も、お店を維持するほどあるってことか。

19122620 19122619

メカナム、オムニ売ってる...
リニアブッシュとか、ボールねじ、スフェリカル、
リニアアクチュエーター、とかこんなのも店頭で売ってるとか
どんな人が買いに来るんだろう。

19122621 19122622

エアコンの設備屋?(エアコンは置いてない)
フロン店頭で売ってる...


| | コメント (0)

バンコク電気街探訪1

この年末、クリスマスにかけてタイの山中に行ってきたんだけど。


戻りにバンコクに立ち寄って移動の日程調整。
(日によって極端に航空運賃が違う...)

半日空いたので、バンモープラザに出かける。
前回はバンティッププラザに行ったが、今回はどんなもんだろう。

------

滞在場所からの移動は地下鉄
自販機で切符買う。
でも、有人窓口長蛇の列。なんでだろ?
1912261 1912264 1912262

切符はRFIDのトークン

自販機で目的の駅をタッチして、
人数をタッチすると、運賃表示されるんだけど、
そこまで操作が進まないと、運賃いくらになるか
分からない。うーん。

1912263 1912265

なんだかそれっぽい雰囲気
昭和終わりころの秋葉っぽいな。

1912266 1912267 1912268
19122610 19122611 1912269

懐かしい不思議な感じだけど、扱っているものは偏っている。

LED関連、配線、工具屋なんかが大量に軒を連ねている。
ディスクリートの部品は、ものすごくたくさんある。
メタルクラッド抵抗とか、コンデンサなんかは
山のように売ってるんだけど、
半導体は少ない、ほとんどないと言っていい。

なので、マイコンもほとんどない。
店は全盛期の秋葉原のさらに倍くらいあるけど
半導体を扱っている店は、数件しか見つけられない。

アルデューノとか、ラズパイ4とかが
ちょっと置いてある程度だ。

あと、PC関連は、どこにも全く置いてない
USBケーブルと、Ethernetケーブルが、
これもわずかにあるか?くらいしかない。

うーん、これは、こういう街なのか...

19122612

半導体もあるにはあるけど、DIPのLSシリーズのロジックが
ある程度とか、OPAMPの有名どころとか。
でも、すっかり見なくなった、特定用途アナログアンプ
(オーディオ)なんかがたくさん在庫されている。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年12月25日 (水)

帰還

今日の機体
B747-400 ジャンボ

191224

なんだか変わった座席配置だな...
まあ、寝てるしかないので、あまり関係ないのだけど。

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

キャンバ角

4輪と組み合わせるなら、ポジティブキャンバも可能性あるかも。
見た目は弱そうだけど、旋回性能(初期)は上がらないかな?

| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

国内便

LCCだけど、言うほどアレではなかったので、ほっとしている。

1912233 1912234

ちゃんとボーディングブリッジ使えてるし、
ゲートが屋外ってこともない。
機体もB737-800とA320-200で、これは...ってこともない。

昔の大韓航空あたりだと、機内は日本の国内便の
機体だったころの案内表示そのままで、
国際便運航してたりしたからなあ。
中古機体はいいんけど、何年落ち?って感じだった。

座席は狭くて、モニターとかもないけど、
今どき逆に困らない。
1時間ちょっとの行程で、チケット¥5,000ほどだけど
これなら、全然ありだな。


まあ、KLIAとかのLCC専用ターミナルで見るような、
気温35℃の屋外ゲートで待って、
てくてく歩いて機体まで、ってのをやられたら、
また考えも変わるかもしれないが...

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

外仕事

寒い日本から割と温かいところにきて、
作業&監視に従事
通信環境構築&現地運用テスト。

この手の物、まとまったパッケージ製品が無くて、
周囲では、割とみんな困っている。

中~長期間、安定して運用できる
ようなものがない。

------

実際使えそうなものを集めて、
試験的なシステムを組み上げ、
運用して分かったのは。

あまりにも環境の変化が速すぎて
製品仕様を書いたとしても、
FIXする頃には完全に陳腐化してしまう。
前提になる要素が、すでに
新規では入手できない
なんて状況になったりするようで...


こんな状況では、まとまったパッケージの
システムの製品なんて、企画してられないな。

高価な(数千万円~)システム導入しても
償却に10年かかるんじゃ、その10年間の
ほとんどが、時代遅れで運用の難しい
システムのお守り(介護)業務、
になるなんて、とってもやっていられない。

そもそもそんなに人手もなけりゃ、
予算だって有り余ってるわけでもないんだから。


というわけで、汎用品を短期間(1年未満)で
乗り換えつつ運用する方法を模索している。

スマホ積んだらそれで終わり、
ってのがいいんだけど、通信関連以外では
スマホではどうにもならないことが多すぎる...

落としどころを探る日々。

もどりはクリスマスの朝

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

自動復帰

これは、考えはしても、そもそも機体の安定性や再現性がないと
意味がないので、ほとんどだれも手を付けない領域だと思う
実際に運用レベルになっているのは、凄いことだ。

------

たしかに、過去にないわけではないけど...

多分、2003年かな?
こうへいさんが、当時の3式という2輪DCマウスで、
オドメトリによるクラッシュからの復帰を
やってたと思う。

このマウスは相当意欲的で、
自動復帰だけでなく、今でいう、
未知区間斜め(探査)をやっていた。

意味が分からないかもしれないけど、
要するに、未知区間も斜めに走って探査していた。

第一走のスタート区画から、
いきなり斜め方向に探査を始めていて、
あまりのことに、いまでも
その光景を覚えているほどだ。

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

伏線回収

今からえーと、20年は前かな...

まあ当時から、割と閉じた世界線で、
ちょっと変わった組み込みのソフトを
書いたりしてたんだけど。

仕様出してくるのは、とんでもない変な
プライド持ってる人もいたりして。

ものすごい秘伝の業だけど、
特別に下賤する、みたいなノリで、
ご高説を賜って制御ソフト書いたりしてた。

が、どうも誰かの受け売りっぽくて、
細かいロジック聞いても、どうも要領を得ない。

自分なりに補完して考えてみて、
どうもこれ、単に一次遅れ系の補償をやってる
だけなんじゃないかなあ、と思って
いたりした。
フィードフォワードの一種だな?

ただそれを口に出すと、ずいぶんな剣幕で
文句言われたり。

理解して論評するなんて、不敬だとでも
思われたようだ。

------

時は流れて、最近、往年の制御仕様について
最近近しい先輩?から講義をしてもらったり。

しばらく聞いていると
あっ、これあの時の秘伝w だ...
まさかの邂逅。


内容的にも、格段にしっかりしてるし。
つかってる独特の用語とか、時系列的、
当時の仕様書のコピーとか、
まあポジション的に,これが本家だな...


講義の中で、数式展開して説明して
くれたんだけど,
要するに、一次遅れの補償をやってる、
との言葉が出てきて、思わず笑いが漏れた。


20年もの時を超えて、本家本元から、
その当時頭をよぎった、そのままの
説明が聞けるなんて。

まあ、同じ仕事長くやってると、
こんなことにも出会えるんだなあ
狭い業界?でもあるしな。


当時の、あの仕様屋のメンバーと
飲みたい気分になった。
元ネタ、考案した人から聞いたよ、と伝えたいw
あっちは絶対、願い下げだろうけど。

彼ら今頃、何やってるんだろうなあ。
まだあの会社にいるのかな?

| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

stm32f3(f4)のTips

何度か書いているけど、あまり話題に出ない割には
みんなハマってるっぽいところ。
定期的に書く。

------

・BOOT modeでFLASHに書けない
(書き込みモードに入らない)
・書けたり書けなかったりする
・リセット直後は書けるけど、しばらく(数秒)
 遅れるともう書けない


これは、F3ではあまり出ない。
F4の方がハマり率高いような。
ST-LINKとか使うと関係ないんだろうけど。
いまだシリアル書き込みの需要は高いからなあ。

答え(対処法)だけ書くと、
PC11とPB11は未使用ピンとして、
(まあ使ってもいいけど)プルアップしておく。
(必要に応じてPA10も)
これで、安定して書き込みできるはず。



理由は...ちゃんとある。
親切(設計自由度)のつもりなんだろうけど、
結果的に巧妙なトラップになってるよなあ。


------

・F303で、SPIのデータサイズが8bit長以下の
 設定で正常に通信できない
・同じく 9bit長以上の設定で正常に通信できない


F3のSPIは、通信するビット長をSPIx_CR2の
DSレジスタに設定するけれど、実はそれだけではダメで
8bit以下と、9bit超で、DRレジスタへのアクセスを
変えないとうまくいかない。(BまたはHW)

公式のサンプルコードも、SPI送信だけは、
2種類、別の関数用意されている。しれっと。

このコードを見るまで、気づかなかった。
まあ、エラッタじゃない..けどさ、
エラッタでもいいだろう?これ

まさかのTips、こんなん気づくかよ...


------

・USARTが受信できない


スタートビットの判定や、途中のビットの判定が
複数サンプリングのパターンマッチになっていて、
エラーチェックがかなり厳しい。
(特にスタートビット)

まあ、いいこともあるんだけど、ノイズ交じりの信号は
まずほとんど受信できない。

困ったことに、これ、何のエラーにもならなくて、
受信データが静かに破棄されるだけなので、
なんで受信動作が動かないか、気づくのに時間がかかる。


同じ信号分岐して繋いでいる低位のマイコンだと
動くのに、stm32は沈黙しているとか、
普通、ソフト疑うじゃん。

で、テスト環境だと完璧に動くんだけど、実機だと
パッタリとか、まあ訳が分からない。
せめて、どっかのエラーフラグでも立てばねえ...


UARTってさあ...別にエラーがあろうがなかろうが
関係なく、受信したいよな。俺だけか?
もともとペリフェラルに、エラー訂正とか、
フィルタリングなんて求めないべ?

I2CとかCAN使いたくないの、こういうとこやぞ?

考えすぎなんだよな...


------

・SPIの受信終了フラグは、正しく動かない。

SPIネタもう一つ。
どうも変なタイミングでフラグが立つようで、
SPI受信割込みで、データレジスタにアクセスすると
正しいデータを取り込めない。


回避策としては、受信終了フラグの代わりに、
送信終了フラグを使う。


まあ、SPIは送信受信同時、全二重なので
送信終了フラグで、受信データを
読みに行っても動きは同じだけどさ。
あとで、ソース読んだ人間が(本人含)
混乱すること必至だよな。

これも難易度高い。


------

まだあったよな...思い出したらまた書く。

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

EEPROM

最近、古株の人、まあボスなんだけど。
機器内のEEPROM内のデータが消える件の
昔話を聞くことがあった。

ああ、それ、身に覚えあるなあ。
こっちも苦労したな...どこも同じか。

で、自分の経験を披露したり。

もちろん。常に成り立つかは、定かではないのだけれど。

------

使う側からの立場だと、電源は確かにOFFしている、
と思うかもしれないけど。

色々調べていくと、電源OFF時の電源電圧、
1Vあたりまでは早く落ちるのだけど、
そこから先がなかなか落ちず、0vになるのには
かなりの時間がかかったりする。

回路的に各部のTrがOFFして、回路にほとんど
電流が流れなくなる所為なのだけど。


どうもこのトワイライトなタイミングで
データが壊れているらしいことが分かった。

動作電圧外の電圧での内部異常動作による
データーの破壊は、ライトプロテクトピンとかの
設定でも防げないようだった。

今どきのフラッシュメモリーなんかは、
この辺の対策もされているようだけど。

------

なので、電源OFF時に速やかに0Vまで
落ちるような回路をつける習慣が付いた。

簡単なのは、ちょっと無駄が増えるけど、
電源に並列に抵抗を入れて、
各部のパスコンとかに残る電荷を放電してやるとか。

一番安全なのは、EEPROMの電源を
ソフトウエアでON/OFFしてしまうことだと思うけど。
そこまではなかなか難しいか。


どうもボスの居たほうの文化圏では。最後まで
解決しなかったみたいだな。
根深く嫌っているみたいだった。

まあ、こっちは、もっと違うネタでEEPROMには、
いてこまされたな...何もかも懐かしいw

| | コメント (2)

2019年12月 6日 (金)

自立賞

基準が16x16のままだし、16x16でも
7分や10分ルールの頃の話だし。
相当に、本当に難易度高いと思うけど。

ましてや、今回の課題では...
本番一発勝負だし。
それでも達成するのなら、
それは本当にすごいと思う。

こういうの、なにか特別なプライズにしたいけど
なかなか難しい。

------

もうさ、個人的に敬意を表して、
ちょっと良いメシでもふるまいたい気分だ

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

既知区間斜め走行

私の知る限り、1989年には、オッテンさんが実装してて、
全日本大会の本番でも、安定して走り回っていた。
と、いうかこの目で見た。

当時、最短走行での斜めすらなかった時代に、
(日本では斜め走行は可能性だけ話題だった)
走った衝撃は、そりゃ相当なもんだったような。

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

ああ

やはり、限られた方法で思いを伝えるのは難しいなぁ。

分かってはいても、
もうどうにもならないこともある。

不本意にも終わってしまったことは
もう、あれこれ悩んでも取り返せないので、
次。次、うまくやることに集中しよう。

そうでなければ、この失敗?が
無駄になってしまう

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

お祭りも終わり

年に一度の楽しいお祭り。
今年も運よく参加することができた。

色々、つながりも増えてきて色々なことをやったりしている。

思いのほか、うまくいったり、
考えすぎで上手くいかなかったなあ...と
思ったりすることもあったり。

力及ばずって所は、不徳の致すところ
なんだけど、自分の能力なので
嘆いていも仕方ないんだけど。
次はもう少しましにできるといいな...

皆さん、楽しめましたか?
私は楽しかったです。
この環境が少しでも継続できるように
何かできることをしていきたいと思います。

お疲れさまでした&ありがとうございました。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »