« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月30日 (月)

G4進捗

本業、詰まりまくっていて、まとまったことをやる時間、というか
意欲が湧いてこない...
根こそぎ本業?にこの手のエネルギーを持っていかれている感じ。

まあ、幸せなことだ、ね?

------

気分転換兼、実績解除のため、ちょっとづつ
作っているものを試す。

FLASH書き込みはできるけど、肝心のターゲットが
実行できてなかった、STM32G431ボード。

190930

見た目はいつもの、F303やL433ボードなんかと、
ほとんど変わらない。
しかし、最高クロック170MHzで、F40xなんかと
同等のスピードが手に入る。
F3系由来のCCMがあるから、
さらに1割以上は速度を稼げるはず。

割り込みベクタテーブルとか一切作らず、
めちゃくちゃいい加減なプログラムでLEDチカ。
....やっと動いた。

------

G431は、F303やL433系からピンアサインが
微妙に変わっている。

一番大きいのは、BOOT0ピンがPB8との
共用ピンになっているところか。

まあ、それ自体はいいんだけど、
48ピンでは、唯一のCAN FDのピンと被っている。
しかも悪いことに、CAN RXだ。
CAN DRVを接続してしまうと、BOOTモードから抜けられない。

ちょっと回路に細工をして、BOOTモード選択時には
CAN DRVを切り離すようにしてみたんだけど、
考え間違いをしていたようで、不発。

CANドライバのチップをはがすと、
LED点滅するようになった。

------

うーん、当面これでもいいけど、
テストボード、このサイズを維持したまま、
CANも使えるようにしたいなあ。

もうちょっと頑張ってみるか。

| | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

STM32G4

G4に新しいシリーズが出ているな。
STM32G47xか。
やっぱりSTM32F3の後継っぽいので、自分的にはいい感じだ。

あー、CANがCANFDになってるのと、3ch入っているな...
48pinパッケージでCAN 3つ使えるのは画期的だなあ。

しかし、CAN FDか。
CAN FD、なんだかとって付けた感で、素性が悪そうで
どうかなあ、と思っていたけど。

採用例も増えてるようで、これで行くのかなあ、という感じ。

技術的に優れているかどうかよりも、別の事情に
支配されていることが多いので、まあそれは仕方ないかなあ。

ぼちぼち準備するか。

| | コメント (0)

2019年9月25日 (水)

ああ、なるほど

(長文)

電装関連の部署で仕事をしている。

まあ、看板(部署名)もそうなっているし、
普通に電気の案件は多いんだけど、ときどき不思議なこともある。

なぜかエアコンが電気屋の領域、みたいな雰囲気を感じたり、
なぜかフロアマット(カーペット)を扱っていたりする。

こいつらの、どの辺が電気関係あるんだろうか...
と、不思議に思っていた。

------

ある日の、古株の親分の引退式のあいさつの一言で氷解。

もともとこの部署は、電気屋でもなんでもなくて、
自動車のアクセサリを扱うところだったようだ。(今でもそうだが)

黎明期の自動車のアクセサリと言えば、フロアマット、だったそうだ。
それで、フロアマットか!

で、その次に来たのが後付けエアコンだそうで。

当初(いつだよ...)エアコン付きの車はぜいたく品とみなされて
高い税率がかかったそうだ。

税金回避のために、エアコンはみな後付けなのが
常識だったとか。

あっ、そういえば子供のころの車のエアコンって
助手席のダッシュボード下に吊り下げでついていたなあ...思い出したよ。
そういうことだったのかw

それで、エアコンね。


フロアマット、エアコンがいきわたって、さてそれじゃ
次の商売ネタはなにか。

次に来たのがオーディオで、そのままマルチメディアと
名を変えて、今日まで続いているようだ。

あぁー、そういうことか。

それなら、この部署は(狭義の)電気屋じゃないのは当然だなあ。
もともと敷物屋だけど、扱うものが、ほとんど電気製品になったから
看板をナントカ電気にかえたようなもんなわけだ。

それで、なぜか電気屋なのに、フロアマットを扱っていたり
エアコン関連の話が投げ込まれたりするんだね。

------


------

話は変わって。日々の雑感(19年度上半期版)

そんなわけで、こちらの目線からすると、今の仕事は、
日々、各種問題を過去問、テンプレートに収まるように変形して、
あとは機械的に解くことに特化しているようにも見えたりする。

まあ、試験で効率よく高得点を出すには、
徹底的に過去問をあたり、傾向と対策に注力することだけど。

業務がそれを一義にするのは、まあ分からんでもない。

ーーーーーー

自分は、基本的に電気の知識やソフトウエアのスキルは、
なにか問題を解決したり、欲しいものを実現したりするのに
使う道具だからなあ。
レベルは低くても、なるべく一通り、できるように
なっているのはそのためだし。

でも、効率を求められる業務では、そうも言ってられない。

------

もっと例えれば、仕事って、掛け算九九で、2の段と3の段だけ覚えて
それの組み合わせで、各種問題をとく、ってやっている感じ。

全体で9x9になっている、ってことを理解している人はいない。
なんとなく薄々感じている人もいるけど、実証する機会がない。


まあ、大体解けるよ。問題の7~8割は。
でも、どうにも手が付けられない問題もあって、
だけどそこはできなくてもいい、ってことになったりする。
それこそ仕事だから。

5の段とか7の段の問題とかね。
こういうの、不気味に感じるみたい。


こっちは、九九をやるときに、必要なところだけ暗記してるんじゃなくて
全部がそろってないと価値が薄い、ってことを理解している(つもり)
肝心の九九は怪しかったりするけど、まあ必要な時に
カンペ見ればいいのだよw

------

なんだか構図が納得できて、ちょっと視界が晴れた気もしている。

みんなは、自分たちのモチベーションが
いまいち上がらない理由が分からないみたいだ。

そこで、5の段とか7の段とか、そもそもなんで九九?とかの話をすると
何か憑き物が落ちたような顔をして、ぐいぐい食いつく人もいる。

7の段を使って、パラリと片付けたりすると、
もう一回やって、と言う人もいる。
手品じゃないんだけど。


ああ、なーんだ。まだまだみんなやれそうじゃん。
全然死んでないよ。そのうち死ぬだろうけど。

組織はどうするのかなあ。今度直接トップに聞いてみるか...

| | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

正しいやり方、あるいは手順

うーん、
まあ、いわゆる”正しい”やり方と一口にっても、いろいろな面があるわけで。

そのやり方に沿って行けば、たいていうまくいく、って意味には
まあ間違いないんだけど。

そのやり方に沿って行けば、何かあってもそれ以上の責は問われない、
って意味もある。
軍隊とかはそうだね。

------

でも逆は成立してないよ?
やり方守ってるから、うまくいくはず(十分条件)、って
そら期待しすぎだよね。
そういう先入観があるから、なんだか微妙なことになるんだよなあ。

どうも、やり方と結果の関連についての考察は
敢えて見ないことにしているというか、
目を背けてるよなあ。
身近なところから、世の中まで。

------

そろそろ考えた方がいいんじゃないかなあ
というか、若い人ほど考えようとする人を見かけるんだけど
ちゃんと導ける年長者がいないんだよなあ、
どうしたものか。

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

メンタル

メンタルが強い/弱い、ってのがあるけど。

どうも誤解されているようだけど、
メンタル強いってのは、何かあった/言われたときに、
すかさず反論したり、善後策の対応ができる、
ってことじゃない。

これらの反応行動は、メンタル強度ではないよな。

------

メンタル強い、ってのは、何があろうと何を言われようと
表に出さずに我慢できる、ってことじゃなくて、
本当に、何も感じないことを言うと思う。

周りで天変地異が起きようが、
相手がどれだけパンチ当てようが、まったく効いてない。

最終的にパンチ打つ方が、疲れ果てて倒れてしまうようなのが
メンタル強い、だ。

------

ピンチの時に自己崩壊したり、何もしないうちからあきらめたり、
ってのはメンタル弱いんじゃなくて...
うーん、心が弱い、かな。
タフじゃない、っていうか。

------

メンタル弱い、ってのは、客観的にはまだ何も起きてない時点で
自分の中でなにかトリガーが発生してしまい、勝手に正帰還が掛かって
デッドロック→自己崩壊するようなのを言うと思う。

外から見てると、どういうメカニズムで
何が起こったのか良く分からなかったりする。

なので、いわゆるメンタル弱い、ってのに対して、
外的要因/環境を改善しても、ほとんど効果が無いように思える。

環境を操作して、一時的にでも時間を稼ぎ、
対象内部の正帰還のフィードバックループを破壊しないと、
解決しないように思う。

------

思うに、往々にして、組織もこういう正帰還地獄にはまっていて、
何もないところでも、ちょくちょく自己崩壊しているよなあ、
と思ったりもする。


よくある組織も、メンタル弱いよな....

どうしてこうなった。


メンタル強い弱いと、心が強い/タフである、ってのを
ちゃんと区別しないと、これまた話がどんどんずれてってしまうしな。


| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

極論?レトリック?

なんというか...


分かってる人に納得してもらうのは簡単だ。

在りのままを言えばよい。



分かってない人に納得してもらうのは難しい。

なんか、客観的っぽいなにかを示したり、
なんか、よくわからない書面を埋めたり、
だれか、外部のひと?に褒めてもらったりしないといけない。


------

そらま、客観的な基準で判断できる、ってのは大事だよ。
そもそも、理屈以前にそういう風にも教育されるしね。

誰がやっても同じような結果になることは
なんとなく安心っぽいし。

基準が客観的なら、分かってない人がやってるとしても
まあ、なんとなく納得しなきゃいけない空気もあるし。

------

でも、客観的な基準で判断することと、分かってる、
分かってないって別の次元の問題だよな。

客観的なものなら、分かってなくてもオッケー?ってのは
そりゃぎりぎりセーフ?かもしれないけど....
やっぱダメだろ....


下手すると、分かってない状態を正として、
価値観やアイデンティティを組み上げたり
したりしているような。

それっておかしくないか?
客観的かどうかとは別に、分かってないのは本質的にダメだろ。



意図してかなのか混同してなのか、
分かってないのが正しい!みたいな、変な論が
幅を利かせているような気もする。

いいけど、そんなのでいいのか?
人生楽しいのか?とか聞いてみたい。

それともこういうのは、なんとかハラスメントになっちゃうのかな?

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

大火力砲

今日もふとしたことで、至近距離での大火力砲の一斉射を眺める。
ぅわぁ、という感じ。
最近多いな...

なんでか、こういうところに居合わせるなあ。
なにか私が原因の一つみたいに見えたり
してんじゃないかなあ...
迷惑な話だ。


しかし、ある種?の爽快感はあるな。

しょっぱかったり、湿っぽかったりする空気が、
跡かたなく吹っ飛ぶのは、他人事ながら、なんかすっきり。
吹っ飛びすぎて、一緒に色々なくなるけどね。

行ったことはないけど、総火演とかこんな感じなのかなあ。

| | コメント (0)

2019年9月10日 (火)

民生品と専用品

なんてものの例を一つ

Photo_20190910064101 2

左が民生品、普通の人に使ってもらえるように慎重に作られたもの。
どれくらい慎重かというと、なんかあったら、場合によってお役所が動く程度。

右は専用品。どこで使うかも含めて、取り扱いにはいろいろ注意。


でもまあそんなに違うようには見えないよね?ね?

そりゃ、(なるべく)同じに見えるように作っているからね。
左がオリジナルで、右がそれに擬態?しているような感じ。

みんなに、自分のと同じ?ものが走っている、と
思ってもらうのも重要な機能だから。

しかし中身は笑うくらい別物。
材料として使っているものはあるけど、
所謂共通部品は全くないと言っていいし、
基本設計から別物と言える。

でも、最終的な形は(割と)寄せられる、という例。

------

見た目で分かりやすくすることは、
不要な誤解を生まないために必要だと思うけど、
これに関しては、誤解?してもらうために擬態している面もある。

見てる側はそれでいいけど、やってる側は
ちゃんと違いを認識してないと、訳が分からないことになる。

------

一台当たりのコストは、右の方がちょっと高い。
まあ数倍?行っても10倍くらいか。

でも最初の一台を出すためのコストは、どれくらい違うだろう?

多分100倍以上は違うと思う。いや、もっとか。
左が高い。当然。

さらに、それに必要なインフラはもっと
大きなコスト差がある。
もし、必要なインフラの整備から始める必要があれば、
そんな額ではとても済まない。

まあそういうこと。


どっちを作ろうとしてるの?ってのがはっきりしないと
どのくらい掛かるの?という問いに答えられない。

そもそも、右の物を見知って、左の物を作ろうとしてないか...?
一般に世に出すなら、自動的に左だよね...

------

この分野では、歴史的にもすでに認識分けが済んでいるけど。

見てると、分野によっては、この違いを認識できず
あれこれ迷走してみたり、無辜のエンジニアに迷惑を
掛けたり、まあ色々あるんだなあ、と。

いっぺん、こういうもの(例)で、きっちり研修でもして
みればいいのに、と思ったりするけど。

まあ業界でも区別ついてない人いたりするから、
素養の問題もあるかもしれないね...

------

もしかして、ソフトウエアスタートアップの類って、
この左右の区別がないか、あっても意識せずに
リリースしてたりしないか?

| | コメント (5)

2019年9月 8日 (日)

ロボティクス スタートアップ

スケーラビリティが小さいってのは分かるけど、
なんでわざわざ一番不利になる領域での話を、
ことさら取り上げるんだろうな、という気持ち。

ロボットって、関わっているような人の中でも
まだ何物であるかが確定していないのか...

------

自動車なんてものがある。
いわゆるみんなが思っている”自動車”を
スタートアップで作ろうとは、だれも思わない。

同じ基準の”ロボット”なんて製品があったとすれば、
これは自動車なんて目じゃないくらいの手間暇、
品質、安全保障がいるだろう。

自動車程度の物ですら、巨大企業でないと手掛けられないし、
それすらままならなくて、再編が進む始末....

”ロボット”会社は、”自動車”会社の数倍以上の規模は
必要になりそうだけど、それをどうやって産業化する?

その辺のイメージがないのに、民生製品としての
所謂ロボット云々なんてしても、議論に意味は
無いように思う。

------

じゃあ、ロボットに価値や可能性がないかというと、
当然そんなことは無くて。

明らかに手におえないような”ロボット”を
目指している場合じゃなくて、ロボットが
ロボットとして成立するフィールド、インフラを
作ることこそをやらないといけない。

ロボットが(当面)目指すのはこういった場だと思う。
洗濯もの畳んだり、床掃除してる場合じゃないんだよなあ。
ロボットには、このあたりの要件定義が
全然足りてないように思う。


自動車だって、一般人が使う製品もあれば、
競技専用の特化した専用品も、製品としてあるわけで。
ナンバープレートの付いた車と、レーシングカー、
日本語で言えばどちらも自動車だけど、製品としてみた場合、
ほぼ共通項は無く、でもそれぞれ物として成立し
流通している。

スタートアップが作るべきは、今の時代の自動車じゃなくて
レーシングカーだよなあ。
でもそれって、産業用ロボット?
少なくとも40年前には確立しているしなあ。

------

レーシングカーをなんとか一般の人が使えるように
しようとしてみたり、自動車の衝突安全基準を
”スタートアップ”で何とかしようとするような、
”筋の悪い”議論をしてても
仕方ないんじゃないかなあ。

製品として存在する自動車で置き換えて考えれば、
スケール的に絶対無理なことをやろうとしているのが分かるのに、
ロボットってことになると、なぜ僅かばかりの資金と
丸腰で突撃するんだろう?と疑問に思う。

それともこういうことをわざわざ嘆く人が、
そもそもそういう話に疎いのか。


スタートアップに時間がかかるんじゃなくて、
この規模では永久に立ち上がらない、が正しい気がするし
目指すべきスケールが、大きいほうにも小さいほうにも
桁でずれている気がしてならない。

(今更な)問題提起ばかりしてないで、そろそろ冷静で
精密な分析がほしいなあ、と思う。

あんまり愉快な話でなくても、先に進むには避けては
通れないと思うんだけど。


ロボティクス、産業用ロボットじゃダメなのかなあ、なにが不足なんだろ。
どうしても、レーシングカーでその辺の道、走りたいの?

そういった動機を生み出している価値観が、理解できてないのかも。

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

メインマシン破損...

本業で使うマシン破損。
突然来るなあ...

ディスプレイがハードウエアレベルでおかしい。
TFTが不揮発性っぽいメモリになった。
まあ原理から考えれば、なるほど、という感じ。
なんだか電子ペーパーっぽい挙動。

大したこと、やらせてるわけじゃないんだけど
4年目でこれか...
そりゃ、砂漠やジャングルに持ち込んでいるけど、
もうちょっと頑張ってほしいよなあ。

作りはしっかりしているように見えるけど
部品レベルではこんなもんなのか。

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »