« コンプライアンス... | トップページ | タイマー実装 »

2019年4月 6日 (土)

名古屋鉄道事情

名古屋周辺の鉄道を使うようになって一週間、
よく言われている通り、JRはともかく、
他の私鉄地下鉄各線は、なかなか癖があって、驚くことが多い

迷鉄
・名古屋駅で乗ってはいけない(上級者向き)
 金山まで移動してから考える
 → 各線の各駅停車は、名古屋からは出てない(案内しろ!)

・同じ番線に行先の違う2本の電車を密着して停めている 
 → 行先表示板を見て乗るだけだと間違った電車に乗ったりする
   却って分からなくする行先表示板をなんとかしろ、危ない

・6両編成の電車が4両分しかホームの
 長さの無い駅に停車 → まあ、ぎりぎり分かる
 5,6号車は安全のためにドア開けず → 分かる、というか必須
 4号車と5号車の間には通路が無い → は?
 → 2~5号車部分をホームに付けろや、頭悪いのか?
 
 電車種別多すぎ、この程度の路線で、こんな種類要らんやろ...?


市営痴下鉄

・縦に長いホーム、動線がおかしい、ホームが狭すぎ、通路が少なすぎ
 → 長いホームを前後にわけて、上り下りで、
   ホームを縦に2分割して使っている。
 → 使う階段を間違えると、同じホームでも目的の行先に乗れない


なんか、直感に反する運用のローカルルールがある上に、
それに対する注意喚起とか、案内がほとんどない。


流石に、もうちょっと何とかできそうに思うけど、
微妙な運用なのは、土地柄なのかなあ。

東京の私鉄とかを参考にしてほしいものだ。

|

« コンプライアンス... | トップページ | タイマー実装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コンプライアンス... | トップページ | タイマー実装 »