« ああ、 | トップページ | リセットスイッチ »

2019年3月 5日 (火)

ホテル暮らしで作業

Z80アセンブラと戯れる日々。

色々なものを作るときに、いきなり目的の物に着手せずに、
周辺環境の整備を入念にやる。
後々の息切れを回避するためには、かなり有効だ。

一般的には、そのためのOS導入だったり、デバッガだったり
するんだけど、こういうリアルタイムで動作する小サイズの
ロボット(移動体)に適用するのは、なかなか難しい。

それで、手製で色々なデバッグ環境を作るのだけど。
手始めに、printfデバッグができるようにしておくと、
その実装の軽さも相まって、大変有効だ。

sh2やh8を使ってた辺りで、この辺の手法は確立したんだけど
折角なので、z80でも実装してみる。
もちろん、アセンブラなので、printfと書くわけにはいかない。
極小のサブセットだけど、作って行けば、まあ、なんとか
使い物になりそうな感じではある。

これで、固有のデバッグコマンドを実装すれば、
今後I/Oを追加実装して行っても、チェックに
困ることはないはず...

ただまあ、プログラムメモリのサイズも極小で(64kb)
とてもマウス本体のソフトウエアが入り切る感じはしない。
256kbのEPROMに切り替えるべきか...

|

« ああ、 | トップページ | リセットスイッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテル暮らしで作業:

« ああ、 | トップページ | リセットスイッチ »