« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

CPU周りの回路

今更、見直している。
あれ?プルアップ抵抗って、こんなにあちこちに要るんだっけか...
N-MOSだからこうなっちゃうのか?

うーん...なんか一から作り直した方がよさそうだな。
クロックの件で思い違いもあったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月27日 (水)

こんなこともあろうか

ってのは... 自分の場合は、大体が、

忠告も聞かずに、へんてこなことになってしまった挙句、

何とかするのがお前の仕事だ、なんて言い放つような
相手に対するフィードフォワード項なので、
計画性が無いというよりは、真に計画的だったりする。

でもまあ、あまりうまく行っても、やっぱりできるんじゃん
と思われて新たなトラブルを生む(意見を聞かなかった分と、
何とかするのに何倍も苦労する分はどうしてくれるw)
ので、ぎりぎりアウトなくらいにしか手を入れない。

で、残り、届かない分は、当の本人に、必死に
言い訳して回ってもらって、丁度いいバランスを取っている。

それでも、ぎりぎり致命傷くらいにまで引き上げているんだから
感謝してほしいものだ、と言葉を添えておくと、
そういった向きには(長期的に割と)うまくバランスする気がする。

まあ、酷い話だけど、仕事ってこんなもんなのかなあ、とも思う。

------

もちろん、ちゃんと敬意をもって、付き合ってくれる人の方が
遥かに多いんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦戦中...

まあ、あれこれと定番の見落とし、思い違い、あれこれあるんだけど。
それにしても、これは酷くないか...

色々試すに、どうもプロセッサの一部が
破壊されているような気がしてくる。

お代わりの石を用意できるといいんだけど、今手元にないな。
小休止、仕方なし。

------

確かに、こういう内容は、いいトレーニングには、なるんだけど。

じゃあ、(マウスをやるような)誰もかれもにもやらせるべきか、
というと、ちょっとまだ考えがまとまらない。

そこまで、詰めなくても、マウスやトレーサーは作れるし、
勝ち負けに関われるところまでも、十分行けるし。

タメにはなるけど、すぐに役に立つものではないので、
こんなことばかりやっていると、競技参加の
モチベーションに関わりそうな気もする。

まあ、自分は(こういうのが)好きでやってるので、
なかなかマウスにたどり着かないのも、いつものことだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月24日 (日)

進捗

開発環境が吐く、インテルヘキサフォーマットのオブジェクトを、
シリアル経由でROMに書き込めるようになった。

ソフトウエア開発環境は、整備できたということだ。

190224

今どきならこれは、Lチカ完と同義なんだけど、
実行できるターゲットはまだ存在しない。

はんだ付けを急がねば...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

書き込み成功

お、書き込みできたみたいだ。

190223

でも、運用できるまでには、まだまだ
たくさん作業が要るな...

まあ、最初の一歩と言うことで...
Lチカまでは、遠い道のりだ。

こいつも秘蔵の一品。
デートコードは8901、ちょうど30年ものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月22日 (金)

volatile

あー、昔のルネサスの開発環境だと、
あんまり効いている感じは無かったかも。

そもそも、アセンブラで使われる想定の、16ビットマイコンだったし...

ルネサスから離れて、GCCを使い始めて、
volatileでは、色々痛い目に遭った。
外部定義の方にも、ちゃんとvolatileを付けないと、
へんてこな挙動をしたりとか。

そんな馬鹿な、と思うけど、変数本体が
volatile定義されているかどうかなんて
コンパイラにとっては、あずかり知らぬことらしい。
まあ、そうかも....


volatileと、ローカルバッファ。
組み込みの超基本ですよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

基板メーカー

自分の経験の範囲だと、

国内の基板メーカー
 デザインルールに割と厳格、というか、
 ルールに書いてないルールもあったり。
 まあ、絶対不良を出さない!という意気込みを感じる。
 そもそも、危ないものは回避したがる。
 → 自分で指示しといて、物の出来が悪い、と
   文句を言う客が多いのかなあ、という印象

海外基板メーカー
 割と何でも、指示したとおりに作る。
 危ないデータは、危ないなりにできる。
 微妙な出来になることも、まあこっちの指示通り。
 普通にちゃんとできることも多い印象。
 できてしまうと、国内製より高度に見えてしまったり...

なので、自分のやらせてることに自信がないけど、
責任を製造に出したい向きは、国内メーカーが
よいように思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月19日 (火)

評価用物資

手元に届いた。

ここれは...セラミックパッケージか!
ふうむ、デートコードは、そこまで古くない(9606)が...いや、
十分古いか、今は2019年だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

あれこれ準備

秘蔵のあれこれを出してきて、色々検討。
いろいろはんだ付け。
あれっ、DIP部品って、こんなデカかったか...

ひとまずメカ設計は置いておいて、
電気的に成立するかどうか、からかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

新作

もやもやと考えていたのだけれど、
なんとなく考えがまとまってきたかも。

この方向性でやってみるか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

当該部品

温度ヒューズですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

設計と呼ばれる仕事

まあ、長く仕事をしてたりするんだけど、
企業風土の違いなのか?ちょっと驚いたことが。

いわゆる”設計”と呼ばれる仕事には、広い意味での何かを作る、
といった業務は含まれない、ってことに気づいて衝撃を受けた。

まあ、こっちも自分のジョーシキで動いているので、
何かを責めたりは、出来はしないんだけど。

------

何か、機能をするものを作ったりするのは、”設計”とは
全く別の”開発”という業務に分類されて、ここの間には
かなり広くて深い谷があるようだ。

そりゃあ、”設計”部門しかない処で、製造上の瑕疵とか
納入された部品が、数が足りてない、とか以外の
機能上の問題が解決できない、ってのは仕方がない
よなあ...これじゃ。

これで、ずううっと、回して来ちゃったんだよね?

設計て、図面を扱うけど、絵としてしか扱わないのか...
描いてあることが、何を意図しているのかは、
開発とか、サプライヤの範疇みたいだ。

ま、まあ、そうするしかないわな、ってのも感じるけど。

------

例えれば、”設計”起点で始まるモノ作りは、
料理で言えば、レトルト温めて、皿にあけて、
給仕して完了、って感じ。

カレー作るのに、カレーを食べたことなくても、
それなりの無難なものが、問題なく作れる。(ように見える)

レトルトの手配先と、箱からの出し方と
温める方法と、皿に盛る方法(右から?左から?)
辺りを決めるのが”設計”業務。

------

誰かがやんなきゃいけない、てのは分かるけど、
これだけ、ってのは、ちょっと刺激が少なすぎるな...

人材が集まらない、って悩んでるみたいだけど、
こういう所もあるのでは?なんて思ったり。
やる気のある新人を採用して、この業務に当てたら、
3年もすりゃ、皆逃げ出すわなあ...

確認ですけど、それでいいと思って
やっているのですよね?

他のやり方がわからない、ってんなら、
色々やらないといけないが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

茶葉?

えっ、オススメの茶葉ですか...

味もさることながら、女性に贈ったりするなら、これなんか。
https://www.harrods.com/en-gb/harrods/apple-n64-tea-50g-p000000000006218024

ミルクティーも美味しいですし、甘くしてもよく合います。

色々な意味で、かなりコスパ良いです。
ちょっと若い人向けかもしれませんが...

諸兄におかれましては、ご活用いただけると幸いです。


...とか言ってみる。

------

えっ?安いって?

仕方ない...


これも付けといてください。
https://www.wedgwood.jp/products/detail.php?product_id=898744

ティーカップじゃないけど、そこがミソだったり...

このコンボは、相当に攻撃力高いはず。(装甲の薄い所に、ホーミングで命中するw)

これでダメなら....もう、ちょっと思いつきませんw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月13日 (水)

カシメ工具とか

昔の職場では、端子固有の専用カシメ工具があったけど、
カシメた後の端子部の厚みが規定値に入るように、マイクロで計測して
カシメ工具の調整ねじを回して居たなあ。

一口に、同じAWGでも、CAVUSみたいなのは、ちょっと違うみたいだし。
あと、しょせんAWGは呼び径なので、本当の断面積は、
素線構成次第で結構違う。

やっぱり使う電線毎に、個別に調整する必要があるみたいだ。

------

正しいやり方を知っているのは大事だと思うけど、
でも趣味の工作で、そんなことはやってられない。

ENGNIEERとかの汎用工具でかしめるんだけど、
最近は、実体顕微鏡下でゆっくり作業して、
よく見ながらかしめるようになった。

端子の曲がり始めに微妙に角度がずれているとか、
よく見えて、失敗しなくなった。
見ながら作業できるのは、何かにつけていいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

茶葉

紅茶も緑茶も、銘柄とかで、こだわれるほどは知らないんだけど。
やっぱり、飲まれている現地の水でいれるのが、
おいしいんじゃないかと思う。

昔の話、
一箱100個入りとかの、リプトンかなんかのティーバッグも
飲用の、ボルビックとかのボトル入りの水でいれていると、
大しておいしく感じないんだけど、
ためしにイギリス現地の水道水を沸かしていれると
全然違う味で、大変おいしく飲めたりした。

やっぱり、それぞれ現地の物に合うように、長年かけて
調整されているんだろうなあ、と思っている。

逆に緑茶は、やっぱり軟水でいれたほうが、
全然よいみたいだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月11日 (月)

カシメ工具

適正な工具は必須だけど、
それさえあれば、じゃ、
必要なものの半分しか揃って無いよ....

各種JSTコネクタの端子みたいな
オープンバレル端子はなあ...

昔、調整不良の専用カシメ工具で、
色々酷い目に遭ったよ

使う電線そのものと端子を事前に用意して、
クランプハイトの設定を色々変えて、
テストショットを作ってみて、
適正なクランプハイトを決定しないといけない。

これで、ようやく作業者のスキルに
左右されなくなる可能性があるよ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

”自分”のためにプロになれ!

>「自分のために、自分を磨いてほしい」と語った。
年頭の挨拶だそうだが。
うん、まあ、そうだね...

前にも書いたけど、仕事に必要な、ひとかどのスキルセットを
身に付けるのに、概ね5,000~10,000時間かかるって話。

しかし、勤務時間内でトレーニングに使える時間は、
普通にやれば、年間200時間を超えるのは難しかろう。

これでは、到達するために20~40年かかり、
自力で、自分に必要なことができる様になる
ころには、定年近くになってしまう。

まあそれ以前に、どこかで挫折してしまうだろう。

------

結局、雇用関係で拘束、提供できる時間程度では
必要なスキルを身に付けることは、土台、無理なのだ。

この辺りは、中々、口に出しては語られないように思う。
まあ、そりゃそうだ。
言いづらいし、マネジメントの不備だと言われるだろうしね。

裁量労働なんていうのは、このあたりをクリアするための
制度だと思うけど、簡単に悪用できるので(雇用、被雇用サイドとも)
なかなか難しい。

------

冒頭のあいさつの言葉は、全体を通して聞いても、
わりと唐突な印象があって、意味がつかみにくいな、
と思うんだけど。

結局、マネジメントサイドから見ても、業務時間内では
必要なスキルは身に付かない、ということは分かり切っていて、
じゃあ、どうするか?ということで、

個人が自分のリソースを使って研鑽してくれませんか、
という話なんじゃないかなあ、と思ったりする。

組織は、それを全面的にサポートしますから、って感じで。
もちろん、やりたくない人に強要は出来ない。
今の時代だからね

------

結局、個人の裁量(と時間)でスキルを伸ばすしか、
道はないような気がする。
本人もハッピー(なのか?)だし、実は組織もそれにすがるしかない。

なにか別の解釈があるかなあ...


もちろん、みんながみんな、自分の必要とするスキルを身に付けて、
それで色々やっつけて行かなきゃいけない、ってことじゃない。

そんなスキルで渡ってく人の方が、はるかに少数派だと思う。

ただ、特定の場では必須なので、ってのが前提ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月10日 (日)

ホテル暮らし準備

来週も引き続きホテル暮らし。

アリーナのイベントの所為か、来週も週の中盤は
宿が極端に高い...

またしても、ちょっと離れた公園脇のホテルに投宿することにする。
こっちも野球が始まると高いんだろうけどね。
今の処はまだ安いし、まだ部屋もあるみたいだ。

先週は部屋があるうちは、新横浜に泊まった。
途中で逗留先を変えたので、ラッシュの中、宿泊装備をもって
移動する羽目になった...しまった。
反省から今回は、4泊全部同じ宿に。

4泊ってのが悩ましい。
世界中、どこにどれだけ出かけても、基本4泊装備なので
事実上のフル装備になってしまう。

この生活もそう長くはないのだけど、
うまく回せるようにしたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 7日 (木)

ホテル暮らしも4泊目

日々の雑事から離れられるから、色々捗るかと思ったが
意外とそうでもない。
快適なのは快適なのだけど...

------

ちょっと話題の、秋月の新商品、シングルオペアンプ @¥40

安くて速いな、と思うけど、よく見たら
なんだか自分がいつも使うような用途向け
って感じじゃないな...

バッテリ動作の計測用途には、ちょっと消費電流が大きくて、
何かのバッファに使うには、ドライブ能力が低めだ。

速度はかなりの物なので、なにか高速な信号を扱う
用途なのかな、と言う感じ。
でも、50Ωをドライブできる感じでもないんだよな。

どういった用途向けなのかな...

------

この手ので、自分がよく使うのは、TLV271とか。
そこそこの性能で安くて、そこそこ使いやすい。
12Vで使えるし、望めばDIP品から、小さいのまであるし。
ADCの入力段とかにちょうどいい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

負論理オーブンドレインドライバ

が必要なときは、バイアス付き
チップトランジスタを使っています。
入力段はpnpにして、スレッショルドを
好きに設定したりとか

あれ?
pnpをコレクタ接地で使えばいいのか...?

------

あ、いやダメだな...
スレッショルドが確定しなくなる。
いうわけで、次のバージョンは、1T126で行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 3日 (日)

宿

当面の宿を探す。

アリーナのイベントのおかげで、
平日でも、極端に高価い日がある...

まあこんな立地、イベント時でもないと
稼げないんだろうけど、なんとも迷惑だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作業中

自宅リビングで作業中

ずっと悩んでいた、シングルロジックでオープンドレイン出力の
正論理バッファ。
そんな部品を探していたんだけど、ようやく解決。

SN74LV1T126で、OEを入力にして、AをGNDに接続すると
所望の動作をするような気がしてきた。

しかもスレッショルドは1.4Vほどで、1.65V以下だ(3.3V/2)
これで、1本のピンで、BOOT0とNRSTを共用して、
かつ追加部品は、このIC1個だけで済みそうだ。

このピンを直接GNDに落とすとリセット動作で、
1kΩを通してGNDに落とすと、BOOTモードになる。

これで多分最適解かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »