« 講習会内容 | トップページ | ログビューア »

2018年6月19日 (火)

学問

学問は、芸術、音楽あるいは自動車レースなんかと同じく、生活は自力でできて、
さらに余力のある人が、嗜むもんだと思っている。

生活基盤のない人が、貧乏してやっても、ロクなことにはならない。
自力で生活できないなら、自力でパトロン見つけてやるかだね。

------

学問の内、極々一部が産業にとって重要で、そこを国とが買い上げる、金を出す
ってのは、まあぎりぎり理解できなくもないけど...

しかし、基本的にそんなことを始めたら、無限に等しい数だけある
学問の各分野に、公金を出さないといけなくなる。
現実的には、そんなことやっとられるか、ってのが印象。

奨学金を含め、最近の学問関連のありがちな主張には、違和感を感じている。

言いたくない事情で困っている、ってことをすり替えているんだとしたら、
気の毒だとは思うけど、それでも、自力で何とかするしかないと思うんだけど、
違うかなあ。

------

自分の経験だけど、

過去に、これどうやって将来生活するの?って収入で、半分趣味みたいな

仕事をやっていたんだけど。

よくよく見ると、周りは、特段自分が仕事しなくても生活できる
(実家が資産家とか)、ってのが沢山いた、って経験が。

本当に一生仕事しなくても食べていける
システムを持ってる人はたくさんいるし、

自分がそういう境遇にいないことを、
他者(国とか)のせいにしたりするのは、ばかばかしいと思う。

|

« 講習会内容 | トップページ | ログビューア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学問:

« 講習会内容 | トップページ | ログビューア »