« 電子承認 | トップページ | えっ... »

2018年5月20日 (日)

MCP1703

主な使い道から、あんまりPSRRを気にしては無かったのですが。
おんなじ形状ので、MCP1754なんてのがあって、
こっちは静止電流が大きめの代わりに、
PSRRは大きく設定されているようです。

まあ、MCP1703のPSRRは100Hzでしか規定されていないので、
AC電源からの安定化が主にイメージされているのでしょう。

比べるとDCDCのリップルは、大分高い所にあるので、
そのあたりで実質PSRRがいくらくらいになっているのか...

MCP1754はPSRRがグラフで示されています。
100Hz付近では、-70dBくらいですが、DCDCで使われる辺りの
100~200kHzあたりだと、-40dBくらいまで悪化するので、
やっぱりいまいちかも。

この辺りは、レギュレータの仕事じゃなくて、
キャパシタの領域かもしれませんが。

SOT23-3は実装しやすいし、実質フットプリントも小さいので、
パターンが引きやすくてよく使いますけど、
電源の品質が欲しい時には、十分大きいレギュレータを使う
(電流容量や許容損失で10倍くらい)ようにしています。

|

« 電子承認 | トップページ | えっ... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MCP1703:

« 電子承認 | トップページ | えっ... »