« 仕事から帰還 | トップページ | 実体顕微鏡のススメ »

2017年11月23日 (木)

課題徒然

今年のハーフの決勝も色々ドラマチックな展開があり、個人的にも大変楽しめた。
通しで見ると、割と良いバランスにできたんじゃないかと、ちょっと満足している。

171123

シミュレータにかけてみると、斜めと直交のパラメータが同じ場合、
長い斜めを含む経路の方が、2%ほど速いタイムを出すようだ。

探査できたとしても、皆が選んだ、180ターンのたくさんある経路に比べて、
区画数で22区画、走行距離で720mmも遠い。
これでは、そもそも最短候補に出てこないような気がするし、
わかってて回避するのも、堅い作戦だと思う。

よっぽど最短にこだわるか、あるいは天然系しか、
大斜め来ないんじゃないか、と思っていたんだけど。

その方が、希少性があって盛り上がるんじゃないかな?...と。

------

クラシックは、諸般の事情で見れなかったのだが、数年前の再来だったようだ。
まあ、多少は改善されたみたいだったけど。

------

クラシックはともかく、ハーフの決勝は、人間側を思考停止させ、
置き去りにして、マウスだけが淡々と走るってのが実現できる。

それをやらない手はないなあ、と今年も思ったのであった。

|

« 仕事から帰還 | トップページ | 実体顕微鏡のススメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 課題徒然:

« 仕事から帰還 | トップページ | 実体顕微鏡のススメ »