« 課題徒然 | トップページ | 道具 »

2017年11月24日 (金)

実体顕微鏡のススメ

何回か書いたけど、老眼が出てきて、実体顕微鏡を導入している。

昔はそれなりに見えていて、裸眼で組み立てていた。
すっかり見えなくなって、顕微鏡を入れたら、以前裸眼で作業していたのとは
比べ物にならないくらい細かい作業が可能になった。
もっと早くから使えばよかった...

裸眼で0603とか付けられるのはすごいのだけど、やっぱり見えてなくて
感覚で付けているところがあると思う。
ハンダのトラブルも結構あったように思う。
その辺も一気に解決。

------

実体顕微鏡の効果サンプル

171124

0.5mmピッチの足の上に、直接パスコン(0603メトリック)。
実際、理想的な配置と、極小な実装面積。

流石に見えてないと付けられない。
見えていると、ハンダの流れる様子とかも見えて、確実に付けられる。
使うはんだごては、ごく普通の物。
0.3mm径の糸ハンダもあると更に良し。

------

多少の練習や照明が必要ではあるけれど、使えるようになると
違う世界に入っていける。

そこまで高価なものではないので、
小さい部品のはんだ付けには、ホントにおすすめである。

|

« 課題徒然 | トップページ | 道具 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実体顕微鏡のススメ:

« 課題徒然 | トップページ | 道具 »