« 全日本大会 | トップページ | 昔のマウス画像 »

2016年11月22日 (火)

全国大会点描

今年もギリギリのスケジュールだったけど、大会の場に居ることができて、関係各部には感謝頻り。

------

今回は、某団体のメンバと話をする機会があった。

個人の開発でも、AWとかができる度に、SNSとかにあげ、皆でチェックしてるとか。

ああ、それってあれだ、個々にレビューをやってるってことか。
そういう進め方をしてりゃ、そりゃ強くなるよな。納得。

自然発生なのか、どこからかの導入なのか。

古来よりマウスの強者達は、本業でも使っているような手法で、ロボットの開発をしているもんだが。

マウスの開発は個人レベル、という印象が強いのだけれど、こういった集団作業的な手法も入ってきているってことか。

実は、すでにモデルベース設計とかでやってたりしないよな?

------

台湾からの参加者が、miceのメンバに話しかけているのを見かけた。
女性の競技者が珍しいようで、声を掛けていたようだ。
サークルにはもっといると聞かされて、笑顔が引きつっているようにも見えたり。

台湾大会には、女性も含めて参加者がたくさんいるのでは?と、飲み会の時に、現地に行ったメンバーに聞いてみたけれど、実際はあまりそういった感じではないらしい。
ああ、なるほど。観客とか外側なわけだ。

それなら、決勝とか、絵的にちょっと衝撃的かもしれないな。
彼のメンバーなんかは、揃ってビジュアル的にもアレだし、受け側は台湾(文化)だし、攻撃力は高そうだ....

指定団体の称号は、伊達ではない。

------

某D社の社内趣味サークルが立ち上がったとか。

話を聞いてみると、それって趣味の草野球チームと称した、実業団チームでは?

いや、そんなレベルじゃすまなくて、打線は全員メジャーか大谷、ってとこだろう。
競技参加時は、別枠推奨だな...


個人的には、こういったモチベーションとスキルを持ち合わせた個人と、企業のリソースの組み合わせには期待している。
鬼に金棒、〇チガイに...

昔目の当たりにした、某H社の某プロジェクトなんて、まさしくそんな感じだったな。

------

大会の運営も進歩しているけれど、それ以上に内包している熱量というか、馬力の向上も著しい。

うまくバランスを取り続けられるとよいのだけれど。

|

« 全日本大会 | トップページ | 昔のマウス画像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全国大会点描:

« 全日本大会 | トップページ | 昔のマウス画像 »