« 久しぶりにロボット活動 | トップページ | stm32f4のmac »

2016年6月26日 (日)

RX

ハードウエアマニュアルを眺める。
ん?5段パイプライン?、可変長命令とな。
...CISCなのか。

これは、クロックがどうとか言っても始まらないな。ノーウエイトアクセスも納得。
しかし32bitCISCって、32ビットのオペランドが、最大3つくらいくっついてくるってことかな。
うーむ、新鮮だ。PCではおなじみだけど、組み込みでは初めて使うかも。

100MHz時の消費電流が、65mA(typ),100mA(max)とある。
ずいぶん変動幅があるなあ。

電源は念入りに作っておかないと、怪しい挙動をするかもしれないなあ。
まあ、自分で心配しなくても、とっくに解決済みだとはおもうけど。

色々思いはめぐる。

|

« 久しぶりにロボット活動 | トップページ | stm32f4のmac »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RX:

« 久しぶりにロボット活動 | トップページ | stm32f4のmac »