« 課題 | トップページ | コテ先 »

2015年11月 7日 (土)

事故

やってしまった。

STM32F3が、ブートモードに入らなくなった。

------

RAMの構成をいじろうとして、うっかりリンカスクリプトをミスって、500MB超の書き込みオブジェクトを作ってしまう。
出力がバイナリ形式なので、FLASHとRAMのイメージが繋がってると、こう成る。

で、気づかずツールで書き込んでしまったところ、ぱったりと起動しなくなった。
これは..

------

懸念していたBOOT1フラグを書き換えてしまったのか、あるいはシステムメモリを上書きしてしまったのか...

まあいずれにせよ、まずいことになったのは間違いない。
これは自前の道具では、復旧は難しかろう。

------

というわけで、悩んでいても仕方ないので、サクッとCPU張替え。
書き込み、起動を確認。

151107

これからは、オブジェクトサイズに注意しながら作業するとしよう。

こんな状態で間に合うんだろうか?
今だ迷路走行できず...

|

« 課題 | トップページ | コテ先 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事故:

« 課題 | トップページ | コテ先 »