« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月24日 (日)

東日本支部例会

技術発表会を聞きに豊洲まで。
長く生活環境が違っていたのと、いまだ土地勘が整わないせいで、移動時間が読めてなく、今回も遅刻。

結構盛況だ。

------

発表は各人それぞれ、ポイントが違っていて面白い。

キットの反射光センサの挙動についてあれこれ。
ここしばらく自分でも検討していたのだけれど、アプローチと解決方法にも個性が出ている。
なるほどね。

------

その中で一つ、外乱光の有り無しでの、フォトトランジスタの挙動の違いについて。
k島さんのレポートが興味深い。

自分では外乱光の有り無しでの違いは検証していなかった。
あのシンプルな回路で、どういったからくりでそのような挙動をするのか。

いや、そもそも、外乱光の影響を排除するためのHPFなのではなかったのか?

------

当面、挙動を理解して、回避策が見つかれば、とりあえず用は果たすのだが。

もし公式に対策されてしまえば、そもそも問題ではなくなるのだけれど、せっかくなので、ちょっと掘り下げてみる。
こういったことが、後々効いてくることもあるので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月18日 (月)

SNS

先日の実行委員会にて、SNSを日常的に使ってる人どのくらいいます?って話が出た。

うむ?と思ってみると、予想通り結構少ない。出席者の半数ぐらい?
やっぱそんなもんだよなあ、とか。
その時の話でも、ハード関係は、全く使わない人も多いとか。

自分でもそんなに活用していない方だと思うけど、自分にとって、各種SNSは各々不便なところがあって、うまく使えるケースは限定的だ。

------

あと、端末について。

PCに向かっているときはいいのだけれど。
いったん作業に入ると、携帯端末は邪魔になるので、そもそも普段持ち歩けない。
携帯端末を念頭に置いているSNSは、この時点で難しい。

しゃがんだ拍子に、ポケットから落下して惨事になったりとか。
制限エリアなど、携帯端末を持ち込めないところに頻繁に出入りするようなときも、厄介な荷物になる。

多分、世間のハード系の人たちも程度の差はあれ、似たような状況なのではと思う。

------

いまでは、net環境なしでの生活や、各種活動は考えられないけれど、一方netではどうやっても出てこない情報の方が多いのも事実。

たとえば、業務上のノウハウなんて、関わればいくらでも手に入るけれど、
net空間の何処をどんなに検索しても、見事なくらいに出てこない。何一つとも。
検索して出てくるのは、情報をほしがっている人の質問ばかりだ。

有用な情報を持っている人は、公開の場で回答できない立場の人ばかりなのだろう。

netの情報とは、そういうものなのだなあ、と思う。

------

しかし営業職のような、コミュニケーションで回していく仕事であれば、SNSも有効なのかもしれないが。

昨今、SNSを使ってないと、時代遅れのような扱いを受ける気もするけど、
検討、選択して使ってないんですよ、と言いたいものだ。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月17日 (日)

組み立て

ようやく部品がそろったので作業中。
基板の加工は一旦終わり。足回りが取り付くことは確認できた。
ここまでたどり着けば、平日の夜でも作業が出来そう。

マウス関連だけでも、色々イベントが続く。
まあ、出来るペースで進めるしかないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

ミス発覚

足回りを基板に固定するネジ。
メカ側はM2.6で作っているのに、基板側をM2でパターン設計してしまった。

穴は広げれば何とかなりそうだが、皿ネジ用のサラモミをすると、一部パターンを侵食してしまう。

0番1種の皿ネジが手に入れば組めるのだけれど。
通販見ても、ロット数千個とかになってしまうようだ。

しょうがないので、パターンはあきらめて、手修正で組み立てるか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

テストリード

25年くらい使っているテスターが動かない。

テストリードが断線しているようだ。
交換部品を調達。
純正品が秋葉の店頭で手に入るのだね。

150509

テスターのリードなんて、秋月で¥500で買えるんだけど。
一桁高価な純正品。
本体プロテクタの裏側にテストリードの収納場所があって、ここにぴったり収まるのだ。

------

ものは、フルークの87。
このモデル、モデルチェンジはちょっとあったけど、20年以上経っていても、いまだに同じ型番のものが、標準品として手に入る。

今のモデルは、液晶のセグメントが大きくなったりとか、バックライトが白色になったりとかしているくらいの違い。
使用方法は全く同じなので、新旧混ざっていても全く気にならない。

------

この個体は、仕事をし始めて、確か2年目の頃に買った。

仕事の1年目の終わりごろから、ヨーロッパに長期出張に行ってたのだけれど、そこで現地のエンジニアが使っていたのがこのモデルだった。

学生のころから、トラ技の広告とかで見ていたので、存在は知っていたのだけれど、何しろ高い。5万円以上する。
しかも、アメリカ製だし。当時バブルで日本がアメリカに追い付きそうに見えた時代だったこともあって、なめてかかっていたかも。

いざ触ってみると...
うっ、これは...いいものだ。

一時帰国後、速攻で計測器ランドまで自分用に買いに走った。

------

当時は、SANWAやHIOKIとかのテスターを、皆使っていたのだけど、この辺は実験室とかで使うイメージだった。

その辺からすると、フルークのテスターはとってもタフで、ばっちり現場向きだ。

------

さて、これが意外にも、結構貧弱な装備で四苦八苦している現場が多い。
大企業の研究所であってもだ。

設備はすごくお金がかかっているけど、装備は貧弱、ってのは、よくある風景ではあるけど。

そんな現場にて、とある期末に計測器購入予算が余っているので、ほしいものがあればリクエスト募集なんてことがあった。

躊躇なくこのテスターを上げて、物が納入されると、皆に大変好評だった。

------

今でも行く先々で装備品としてリクエストして、仕事用に購入しているけど、毎回満足している。
オススメである。

ただし、ひとつだけ...

保護用のヒューズが内蔵されているんだけれど、これが高価い。
たしか1個¥1000以上したはず。

電流計測ピンで、電源とかを触ると、一発で切れる。
高くてスペアを買っておくのも躊躇するくらいだけど、それがかえって慎重に使うようになって良いのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

連休最終日

今年の連休は、何年振りかに仕事なし。
フルの連休を満喫。

------

先日、秋葉原探訪でたどり着けなかった、aitendoへ。
新店舗になって初めて出向く。

1年くらい見ないうちに、あっとびっくりの店構えに...
しかも、なんだか見慣れないジャンク?が色々と。
これは...楽しそうだ。

もしかしたら、あるかも?と期待していたマウス用部品は、さすがに取扱いなし。
でもまあ、結構惜しいところまではそろっていることが分かった。
なかなか意欲的なラインナップだ。侮れない、というか、すごいな。
安心して、通販を発注しよう。

------

事前にチェックしていて、ちょっとおもしろそうだと思ったパーツをゲット。

150506

2.5桁7seg LED...?
文字高6.3mm??

中国製。常識にとらわれないパーツ。

7seg 2.5桁なのに、8ピン?と、よく見たら、小数点がない。

これは...4x4のマトリックスなのか。
テスターで当たってみると、やっぱりそうなっている。
4つのカソードコモンのピンと、残りが4つのアノードコモンになっている。

まあ、一応同じセグメント同士は、同じコモンになってるから、むちゃくちゃというほどではないが...

------

最近は小型のI2C液晶モジュールとかも手に入るようになって、小さな表示部が作りやすくなったけど、この7segLEDは、それらよりもさらに小さい。

単品のチップLED以外では、過去一番小さいかも。
これなら、ハーフマウスの表示部とか、面白い使い方ができるんじゃないかとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

近所探訪

天気も良いし、せっかくなので、近所をうろうろ。

150505

関西の自宅付近も観光地だが、このあたりも観光地なんだなあ、と感じる。

なんだか街並みが日本じゃないような。
さりとてヨーロッパそのものでもなく、マカオとか香港の雰囲気だったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 4日 (月)

部品調達

基板を発注したので、在庫を棚卸して、足りてない部品の調達。

ちょっとしたものが無い。
どっかにありそうなのだけれど、出てこない。
仕方ないので、秋葉まで。

首都圏を離れて10年近く。
千石や秋月もレイアウトが大幅に変わったり、扱う商品が変わったりして、いまや、どこになにがあるのやら、という感じ。

それでも、なんとか必要なものを調達する。

リハビリ?

------

秋葉の老舗パーツ屋には、いったい何時からあるのだろう、というような在庫があったりする。

価格も安いのだけれど、お店の通販リストにものらないし、知る人ぞ知るっていう感じの物もある。
何かの時にと、モノの存在を心の中にストックしておく。
アレをやるときは、アレを使おう、とか。

そういったお店の一つ、鈴商に向かう。
はたして、ちゃんと目的のものがあった...
10年前の感覚が現役だよ。

鈴商には、以前、某フォトトランジスタの在庫が数百個(しかも安価)あって、マウスやってる間はアレを使えば安泰だな、と思っていたら、ある時きれいさっぱりなくなっていてショックだったこともあったり。

-----

今回はうまく入手できたが、やっぱり手に入らない部品もある。
今どきの通販も手配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »