« STM32F303のアナログ周辺評価 | トップページ | 帰省中 »

2014年12月26日 (金)

STM32F303のVBAT入力

引き続きF303。

VBAT端子でのバッテリ電圧計測を検討。
GPIOピンの節約が狙い。

2セル構成を想定して、1MΩと470kΩで分圧して接続。
スペックでは、VBAT端子の電流は1uA程度なので、誤差が出るのは想定済み。
ただし、実際に回路を組んでみると、電圧が低いところ(VBAT端子電圧で1V以下くらい)では誤差が少ない。
電圧5V付近では、最終的な計測誤差は0.1Vくらい。

電圧9Vとすると0.5Vくらいずれるようだが、まあバッテリの監視ならこれで十分かな。

|

« STM32F303のアナログ周辺評価 | トップページ | 帰省中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: STM32F303のVBAT入力:

« STM32F303のアナログ周辺評価 | トップページ | 帰省中 »