« ! | トップページ | STM32F303のアナログ周辺評価 »

2014年11月30日 (日)

全日本大会と、4輪について

録画で全日本大会観戦

今更ながら、皆様お疲れ様でした。
内容は...ふーむ、凄いものだ。まだまだマウスは速くなりそう。

個人的には...むー...一人反省会かな...
今年の学生大会の時にも感じたけど、ここのところ何年も遠ざかっていて、感覚が古くなっているのかも。

そのためにも、自分でも色々折り合いをつけて、大会参加したいところ。

だが、周りの環境が本人の意思とは無関係に動く今日この頃。
来年の今頃はどうなっているやら...なのだが。
さて。

------

4輪の話。

伝統的な2輪に対するメリットについて。

タイヤが多い分接地面が大きい、前後に接地しているから制御が無くても直進する、などは分かりやすい所。

重心が前後の車軸の間にある場合(ほとんどの4輪がそうなってると思うけれど)、加速時には後2輪、減速時には前2輪へ荷重が移動し、加減速時でもタイヤの荷重が抜けない。

加速旋回時には、前後の荷重に差があるので、後2輪よりも前2輪の方が先に横Gに負けて、アンダーステアになる。
(旋回中に加速することで旋回半径を大きくできる→コーナー脱出時に加速するだけで、勝手に直進する方向に向かう)

減速すればその逆で、強く減速することでオーバーステアに持ち込める。

この辺までは、まあまあイメージしやすい。

でさらに、コーナリング中にもメリットがあると思うのだけれど、
以下、
2vs4_trace

代表的な90Rでの、4輪(赤)と2輪(青)の動き。

機体中央、重心の軌跡が同じとしても、タイヤ接地面の中心は、内輪外輪とも、4輪のほうがコーナーの外側を通る。

その分、距離に対して曲がる量が少なくなって、一見曲がりにくくなったように感じるけれど、実際には踏ん張りがきくようになる。

人が走る場合で言えば、体の重心位置はそのままに、体を傾けて、足だけコーナーの外側に踏ん張って曲がるようなものか。

コーナーのRが小さくなればなるほど、この傾向は大きくなる。

実車でも、スケールは違うけれどこういった傾向はあるようなので、マウスでも機能していると思われる。


タイヤ表面で起きていることも、いろいろ影響でてそうだけれど、こっちはちょっとよくわからない....
なにかの方法で検証できると、また違う世界が見えるんじゃないか、と思うのだが。

|

« ! | トップページ | STM32F303のアナログ周辺評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全日本大会と、4輪について:

« ! | トップページ | STM32F303のアナログ周辺評価 »