« 4輪 | トップページ | 加給 »

2013年12月15日 (日)

RS485

RS485での半二重通信なんてのをいじっている。

某社のモータードライバーを直接たたいているんだけど、なにか微妙なタイミングがあるような。

メッセージフレームの前後や、1キャラクタ送信ごとに、ちょっとづつディレイを入れて、間隔を開けてやらないと、うまくいってないように見える。なんだろう。

まあ、485の通信ラインを直接たたくのが保証されている使い方かどうかはよくわからない(フォーマットの資料はあるけれど、詳細なタイミングチャートなどはなさそう)ので、どうこう言うことではないのかもしれないけど...

こんなもんなのか?それとも内部的には、厳密なタイミング規定があるのだろうか。
RS485のドライバをリリースするのが早過ぎるだけかと思ったけど、どうもそれだけではないようで。

気分転換に、ドライバのカバーを開け、中身をあらためてみると、CPUは64ピンのSH2だった。
なんだか懐かしい感じすら...

|

« 4輪 | トップページ | 加給 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RS485:

« 4輪 | トップページ | 加給 »