« 言葉 | トップページ | センサ評価 »

2013年6月 6日 (木)

stm32f373 その後

FPU関連で、細々と続けていたのだけれど、ようやく進展が。

どうやら、最適化との相性があるようだ。
GCCのスイッチにて。

-mfloat-abi=soft の指定では、-Oxスイッチとの組み合わせでも上手く動くけれど、-mfloat-abi=softfp では、最適化をOFF(-O0)にしないとうまくいかないような。

浮動小数点演算を使うモジュールは、最適化しないように makefileを調整。

実力を簡単に計測する。
ソフトウエア呼び出しと、FPU呼び出しでは、だいたい10倍くらいの性能差のようだ。

--------

こんな48ピンパッケージで、単精度とはいえFPUが使えるとか、世の中も進むものだ。

FPUというか、コプロと言っていたけれど、i80487とか、知ってる人います?

|

« 言葉 | トップページ | センサ評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: stm32f373 その後:

« 言葉 | トップページ | センサ評価 »