« UARTの動作 | トップページ | stm32f373 続き »

2013年5月14日 (火)

stm32f373

ここのところは、少しばかり余裕が出来てきたので、長らく放置していたstm32f300。
いつもの基板に貼り付け、では無くて新規製作の基板。

130514

F103と比べると、色々変わっているので専用基板を用意。
ちょっとの見た目では区別が付かないが。

------

手抜きコードをでっち上げ、LEDチカチカは動くのを確認。
どのくらい手抜きかと言うと、今システムクロックがいくらで動いているか分からないくらい。

クロック制御部分を初期設定していない。そもそも、マニュアルも読んでない。
多分...16MHzじゃないかなあ、多分。そんな気がする。

------

世間(マウス周辺)では、F4が流行のようだ。
個人的には48ピンパッケージを使いたいので、F3を選択。

超低消費電力のL151でもいいのだけど、クロックが32MHzまでなのと、内部バックアップを使うために、ちょいと仕掛けが必要なのがちょっとアレ。

現状F103で、そう不満は無いのだけど、F3が問題なく動くのなら、そっちをメインにしてもいいかな。

|

« UARTの動作 | トップページ | stm32f373 続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: stm32f373:

« UARTの動作 | トップページ | stm32f373 続き »