« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月17日 (水)

作業続行

たいしたことはしていないけど、ちょっとづつ組み立てては動作確認。

なんだかんだではじめて使う、5mm角のブザー。
意外と大きい音がでる。
音階を作って遊んでいると、BASICの頃のMMLなんて思い出して、ちょっと(実装を)考え始めてみたり。
いやいやいや、こんな寄り道をしている場合じゃなくて。

1個つぶしてしまっているので、右側だけの片肺飛行だけれど、モーターの駆動とエンコーダー入力を確認。
なんら問題なし。

このあたりは、もはやマウスとしては定番となっていて、組み立てれば動くし、それなりの性能になることが担保されている部分なので、作業を進めていても、いまひとつ盛り上がりに欠けるのだが。

すべては新ネタのため...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

起動

問題のパターン修正をして、改めて電源接続。
ひとまず問題なく、書き込みプログラムのコマンドを受け付け、書き込んだモニタもちゃんと起動した。

恒例のLED点灯テスト。

110813

特に問題なく動いている。

120MHzで動いているのだけれど、実に?静かなものだ。
空き時間にちょっとづつ進めれば、そのうちマウスになるはず。

新ネタ以外は....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

ミス

電源系とCPU周りだけ、ざっと半田付けして通電し、書き込みツールとの通信を試みる。
テスターで見る分には、3.3V系はokのようなのだが、書き込みツールには応答しない。
しかも、しばらくすると、なんだかレギュレーターとCPUが暖かい。
そんなはずは無いのだが。

色々見ていくと、47番ピンのVCAPが、GNDに落ちている。
これだな...
イージーミスだが、やってしまったものは仕方ない。
グランドプレーンに落ちているスルーホールを、裏からドリルで揉んでしまえば良いかな。

------

モーターの配線をコネクタにつなげる部分で、ちょっと無理な設計をしたのだが、案の定うまく組み立てられない。
あれこれやってるうちに、1717のエンコーダーの配線を断線させてしまった。
だめもとで、ばらしてみたりしたのだが結局リカバリ不能。

仕方ないので、1個新品を注文する羽目に。

ここのところ、新作検討のために何種類かモーターとエンコーダの組み合わせの問い合わせをしてみていたのだけれど。
いずれも2.5~3ヶ月納期との回答で、どれも間に合わないと思って中古モーターを引っ張り出した。
このタイミングでこの納期回答が来るようだと、今年の大会参加は間に合わないような気もしてきたのだが。
意外にも即答で納期回答が来た。

海外発注だが、1ヶ月で来るとか。
ものの素性を考えると即納に近い。

これは、あれか。
1717T006SR IE2-512といえば、最近のマウス国際標準モーター。
重点的に生産されているのかもしれない。
ここのところ見積もり頼んでいたのは、どれも奇天烈な組み合わせばっかりだったような気もする。

なんにせよ助かったかも。

ただし価格は最近皆が言っている価格だった。
ヨーロッパでは、円高の影響もあるけれど、2/3くらいの値段で売っているようだ。
まあ、仕方ないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

無題

リビングにて。

窓を開け放ち、ぼんやりしていると、窓から大きな蜂が入ってきた。
そっとしておくと、そのうち天井に逆さまに止まって、じっとしている。

しばらくすると、こんどは窓からツバメが入ってきて、リビングを飛び回り始めた。
流石にちょっと驚いたが。

ツバメが近くを飛ぶと、止まってた蜂が、床にぼとりと落下した。

あっ、これって昔どこかで、本か何かで見たような。
飛んでも逃げ切れないから、落ちる方向に逃げる、ってのどこかにあったよな...
ファーブル昆虫記だったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

帰省

西に帰省。
朝から自走にて。途中渋滞で2時間。

数日間、マウス活動は停止。

都合が付けば行きたかったのだが、金沢草の根大会と懇親会は欠席。

日々の暮らしでも、マウスよりも優先されるべきことは、たくさんある。
あまり順番を誤ると、マウス活動自体が危ぶまれることになってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

仮組み

半田付けは途中だけれど、ちょっと足回りのネジを締めてみる。

110805

まあまあ、いい感じ。
ちょっと基板がホイールの内周に当たるので、ホイール側を削る。

そういえばこのマウス、持つところが無いな。
どうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

基板到着

110804

フレーム構造を採用していないのもあるけれど、もはやこの基板の形からは、マウスのアウトラインを想像するのは難しい。

いわゆる板マウスは、基板を完全に底板にしてしまい、徹底的な低重心化を図るために考え出したもので、基板の形が、ほぼマウスの上面投影形状になるのが特徴だった。

当時、この構造に対する懸案として、激突したときの衝撃を、全部基板が受けることになり、部品が割れたりはがれるなどの破壊をひき起こし、リスキーであると考えられていた。
まあ世の習いとして、慣れてしまえば、そんなことは忘れられてしまうのだが。

------

さて時代は進み、今度はイナーシャの低減を考えるようになると、アウトライン部分がもっとも土地代が高くなる。
特に、張り出す構造になる前方部分。

この部分がガラスエポキシ樹脂たるPC基板で出来ているのは、ちょっともったいない気がしてきていた。

現行モデルの4輪も、製作は2007年11月だけれど、このモデルですでに基板形状≠マウスの外形の構造を採用している。
最初はCFRPの薄板(2プライ?)で軽量化を狙ったけれど、CFRPは硬すぎて、繊維を裁断して形状を作ると、ぶつかるたびにそこから粉になって砕けるようだった。
そこで硬質塩化ビニールの薄板に変更。
比重もCFRPよりも小さいし。(それでもプラスチックとしてはまだ重い。)

PVCであれば、ぶつかったときに変形してでも衝撃を吸収すればよいので、基板に比べて、大分やわに作れる。

------

到着した基板と部品を合わせて重量を測ってみる。
現状で80g弱。
最終的には、やっぱり100g近くになりそうだ。
まあモータは1717なので、これでも力強く加速する、とは思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

基板

発送されたようだ。
現在、太平洋上を移動中の模様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »