« 進行中 | トップページ | F2続き »

2011年7月11日 (月)

エンコーダー入力

TIM5の位相カウントモードを試してみる。

110711

手回しのエンコーダーを付けてテスト。
まあ、動いているようだ。

タイマーの構造は、F100から比べても、さらに複雑さを増していて、全体像を理解するにはまだ時間がかかりそう。
そもそもマウスでは使いそうも無い機能までは、把握しておくことも無いが。

ちょっと迷ったところ。
カウンタCNTは、0とARRとの間でカウントするので、16ビットならば0xffff、32ビットでカウントするならば0xffffffffをARRに設定しておかないと思ったように動かない。

あと、入力のフィルタリングをONにしておかないと、途中でフリーズすることがあったり。
ハード的なフィルタは付けてなかったけれど、せっかく多彩なデジタルフィルタの設定が用意されているので、これを使えということなのだろう。

これで、ハードウエア任せで、32ビット長のエンコーダカウントが出来る。

同じピンでTM2のテストも出来るが、確認するほどのこともないか。

|

« 進行中 | トップページ | F2続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エンコーダー入力:

« 進行中 | トップページ | F2続き »