« つれづれ | トップページ | 原発とロボット »

2011年3月27日 (日)

LPC11C24

NXPの新作cortex-M0。
48ピンパッケージがあるので、マウスに使えないかなと眺めていたら、ちょっと変わった機能が入っていることに気づいた。

CANの物理層ドライバが内蔵されている。これは...

普通、CAN I/Fを使おうとすると、CPU以外に最低でもSOP8PのパッケージのCANドライバが必要になるのだが。
この48ピンのチップには、含まれているようだ。
さすがはNXP。

これならば、48ピンのパッケージだけでCAN I/Fが使える。
CANによるネットワークも、センサ単位でのノードが現実味を帯びてきたかも。
でも、内臓OSCの精度が要求を満たしているかどうかは、よく見てみないといけない。

|

« つれづれ | トップページ | 原発とロボット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LPC11C24:

« つれづれ | トップページ | 原発とロボット »