« stm32でSPI | トップページ | 新デバイス評価 »

2010年7月 4日 (日)

stm32でSPI その2

ユーザーズマニュアルを眺めていると、stm32の非同期シリアルは、SPIマスタとして使用できると書いてある。これはいい。
そういや、よくあるUARTじゃなくて、USARTと称しているよな。

SPIx2と、USARTx3で、全部で5個も使えるなら十分だ。
しかしUSARTのポートは、LSBファーストに固定されるっぽい。
これではちょっと厳しいかも。

他であまり見かけない機能として、SPIなのに半2重通信ができるようだ。
1つのデータピンが、タイミングで入力になったり出力になったりするのか。
何に使えるのだろう?

|

« stm32でSPI | トップページ | 新デバイス評価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: stm32でSPI その2:

« stm32でSPI | トップページ | 新デバイス評価 »