« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月21日 (月)

マニュアル

引き続き、LPC1769。

周辺I/Oをちょっとづつ試しているのだけれど、なかなか順調だ。
nxpのユーザーズマニュアルがよく出来ている...気がする。

user.manual.lpc17xx.pdf

コアも周辺も、勝手知ったるってのもあるけれど、各章の構成が分かりやすい。

各章の最初に、それぞれの機能を使うときに、設定必須な(パワーダウンコントロールや、クロック配分とか)彼方此方に散在するレジスタが、まとめて書いてある。
これは助かる。

また、stm32ではチップ固有のハードウエアマニュアルには、cortexの部分の機能についての言及が無いので、ベクタ割り込みコントローラーがどう繋がっているかとか、システムタイマの使い方など、色々分かりにくかったけれど。
LPC1769では、cortex-M3の解説に1章割いてあって、なかなか親切な気がする。

あと、flash書き込みはいつものツールなのだけれど、内蔵クロックを使う所為もあるのか、230kbpsで通信設定して書き込むと、本当に速く書き込める。

LPC17xxは、LPC23xxのコアをcortex-M3とした。だけ、という風に見ていたけれど、実際には、あちこち改良されているようなのだ。
特にマニュアルについては、大幅に良くなっているような印象。

------

ただLPC17xxは、マウスに使うには、ちょっと規模が大きい。
さりとてLPC13xxでは、メモリなどが小さすぎて、ちょっととどかない。

この間を埋める、LPC15xxなんてのが出てきて(32~64ピンくらい?)くれたら、マウスにぴったりな気がする。

想定される性能としては、stm32の1.5倍位は出るのではないかなあ。
ちよっと期待している。

-----

あ、そういえば、LPC17xxには、位相計数カウンタが1個しかないな。
まあマウスに使うなら、ソフトウエアのみだけでカウントしてもいけると思うけれど...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

撤収

1回分としては、かなり色々な出来事があった。

しかしなんで、そこまでは気配もないのに、いきなり本番ででるかなあ。笑

思うに、皆、本番になるまでは本気でやらないのだろうなあ、と思う。
普段から本気でやっていれば、本番でいきなり出るってことは無いと思うのだけど。

どうしても練習?では無意識に手加減してしまうのか、本番と思うとちょっと力が入ってしまうのか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

戦略物資

発送されたとのこと。
ちょっと難産だった。

タイミング的には、ばっちりなのだが....うまく行くといいのだけれど。
他のものも手配しないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

外仕事、現地到着

電車3時間、飛行機7時間でようやく到着。

着陸して、ターミナルに止まり、ドアが開くのを待っているとき。
向かい側に、最近なにかと話題の、LCCのターミナルがあるのに気づく。
見慣れないカラーリングの飛行機ばかり止まっている。

100617

皆、飛行機から降りて、荷物を手にぞろぞろと徒歩で、ターミナルの中に移動しているのが遠目に見える。

この暑い中、大変そうだ。

その分、チケットはものすごく安いのだろうなあ。
なんでもターミナルの待合室には、エアコンも無いそうだし....

学生とかなら、こんなので旅してみるのも面白いかもしれないけど、今の自分では体がついていかないだろうなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

復旧中

今年モデルの再構築をする為に、キーデバイスの手配をしてみる。
最近話題になったもの、まだ誰も話題にして無いもの、などなど...さて、どうなるかな。

------

LPC1769。
ペリフェラルの初期化を延々と記述する。
これといって引っかかっているところは無い、と思ったのだけれど、 PCONPレジスタでちょっとつまづく。

データシートによると、未使用の"Reserved"ビットは、0にしろ、とあるのだが...
ビット15は1にしておかないと、RITの割り込みが利かなかった。
errataにもそれらしいのは無いし、全ての組み合わせの動作を検証したわけでは無いのだが。

しかし、PCONPレジスタのReservedビットは、リセット時の初期値が不定となっているし...怪しい...
本当に0でいいのか、これ?

------

昨日のはやぶさの帰還の高解像度のニュース動画があちこちで見られる。
わずか数十秒の映像なのだけれど、実に立体感というか、空間のスケールを感じる。
どのくらいの高度のところが見えているのだろうか。

直前に、日本上空で直接目視できるのでは?と思っていたのだけれど、オフィシャルサイトでは、良くても12等以下とのこと。

こりゃあ、ちょっとやそっとでは見えないなあ、と思っていたら、なんと、すばるでの観測画像が公開されていた。
そういや、日本には、こんな強力なのがあったのだよな。
これで見えなきゃ、何を持ってきても見えないだろう。
自前の道具で、融通がきいたってことだろうけど。

こういうことを思うと、借り物を集めて、その場しのぎで切り抜けることばかりでは、だめだと感じる。
普段から鍛えてないと、本当に必要となったときに、力が足りなくてそこで終わってしまう。

とはいえ、あのクラスの設備だ。稼動予定はびっしり入っていただろうになぁ。

いかにもこともなげな、粋な計らいに感心した。
自分も、こうありたいものだ。

------

明日は、餃子の町へ、頭脳&度胸仕事。
1日で終わるといいのだけれど。

終わらなかったら泊まりだけれど、そうなると木曜からの遠出と繋がってしまうからなあ。

とりあえず明日は、7時の新幹線か...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

帰還

よい知らせだ。
明日への活力になる、いいニュースだ。

運営の皆さんも、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

暑い

今日は、今シーズン初めて冷房が入った。
水蒸気がたくさん上がったようで、夕方はいつもと違った風景に。

100611

------

色々事情により、明日も仕事。
午前中で終わればいいのだが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

難航

新型の駆動系を試しているのだけれど、ちょっとフリクションが大き過ぎるような。
この構造では、大分エネルギー効率が悪くなりそう。
もっと摩擦の少ない構造にしないといけないかなあ。

そうなると出力軸位置の取得の方法を、考え直さなければならないのだが...うーむ。

------

digikeyで、アナデバのジャイロの取り扱いが復活している。
ADXRS600系だけれども。
戦略物資じゃなくなったのかな。

検出のゲインを落とせないと、マウスに積むのは難しいか。
いまどきは、STのジャイロのほうが、安い小さい入手可能で、主流となってしまっているのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

nxpのcortex-M3

ちと思い立って、nxpのcortex-M3であるところの、LPC1769をいじってみたりしている。
コアはstm32と同じなので、スタートアップはstm32のを微修正でお手軽に。

周辺はLPCなので、こっちも特に問題なし。
LPCのシリーズには色々お世話になっている。
自分の現行モデルのマウスもプロセッサはLPC2138だ。

ほとんど苦も無く、テストコードをflash書き込みしてCPU起動。

------

120MHzは、すごいよなあ。
STM32では(なぜか)出来なかった、内蔵クロックでの最高速動作も、普通に可能だ。

100pinパッケージに、etherを初めとして、ありとあらゆるものが詰め込まれている。
LPC2368を見たときも、これ以上何を載せるの?って感じだったけれど、まだまだ新機構が入っているようだ。

GPIOもLPC2368のときは、ただのIOポートだったはずだけれど、LPC1769では、入出力とは独立してプルアップ、プルダウン、オープンドレイン とありとあらゆる設定が出来るみたい。

リピーターモードなんてのもあるようだ。
これがあれば、外付け抵抗一本で、任意のヒステリシスを持たせたシュミットトリガの入力ポートが作れたりするわけか?

で、全IOポートは、リセット時、入力ポート設定で、プルアップ有効ときている。
正論理出力の何かを作るときは、リセット時要注意だな。

いやはや、まだまだ(機能を)盛るところは有るもんだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

作業中

ここのところの本業での攻撃ターンも、ひと段落してきた感あり。
ちょっと遠目の外仕事のために、機材一式が出かけてしまっていて、なんとなく間が空いてしまっている。

そんなわけで長らく停滞していた、ハーフの足回りを再開してみる。
dNANOのタイヤを使う為に、ホイールを準備している。

直径で11mmほどの部品なのだけれど、樹脂の切削加工が、なんだか精度が出てない気がする。真円度とか...

やっぱり樹脂の厚さ1mmとかで、ちょっと入り組んだ構造になってくると、刃物での加工時に変形して狙った寸法がでないのかな。
金属なら、材料と刃物を選んで、ゆっくり加工すればいいのかもしれないけど、プラスチックはゆっくり加工するわけにいかないのだろうなあ。

加工しやすい簡単な形状で済むような機構を考えるか、今のまま行くなら材料を金属にするべきか...

------

ところで直近の大会でデビューした、このマウスの出力軸センサの構造は秀逸だ。
言い始めると色々あるのかもしれないけれど、秘めたる(?)素性の良さを感じる。

ひとまず自分の構想とは違うので、胸をなでおろして(??)は居るのだけれど、その見切りのよさに心引かれる。

------

一般論...いや自分のことだけれど、物事を複雑にして解決を図ろうとしている時ってのは、苦し紛れってことが多い気がする。
変遷がいろいろあるにせよ、最終的にシンプルで美しい形に収まるのが、うまく行っていることの証なのだと思う。

どうも目先のことが難航して、気の迷いが出たりして、ちょっと弱気になってしまっていたりするようだ。

まあ、もうちょっと粘ってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »