« コマンド走行 | トップページ | 帰還 »

2009年11月 6日 (金)

stm32 io pin

ディレクションを切り替えながら使うピンにて。
通常時はモニタLED駆動ピン。シリアルROMアクセス時だけ入力に切り替えて使う所。

出力状態では問題なく動くのだけれど、入力時にピンの状態を読み込んでくれない。
しばらく悩む...

------

答えは、モード切替時に方向だけでなく、入力の種類も切りかえる必要があるのを忘れていた所。

出力設定時は、プッシュプル/オープンドレインの切り替えのビットが、入力設定時にはアナログ入力と、通常のポート入力の切り替えに使われる。

入出力方向だけ切り替えていたので、入力時にAD入力になってしまっていた。
このピンは、AD入力の機能は無いのだけれど、設定されてしまうらしい。

さらに、入力時にプルアップ/ダウンの設定も、この一連のビットに割り当てられているので、紛らわしい。

まあ、こんなもんだ、と慣れてしまえばそれまでなのだろうけど。

しばらく触らないと、ころっと忘れてしまいそうなので、自分用にメモしておく。

|

« コマンド走行 | トップページ | 帰還 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: stm32 io pin:

« コマンド走行 | トップページ | 帰還 »