« 帰還 | トップページ | 作業中... »

2009年9月15日 (火)

つれづれと低イナーシャ

いまどきの10m/s/sを超えるような加速をするマウスだと、もはや大きな半径でスラローム旋回するのは、かえって損なような気もする。

角速度(ターンにかける時間)が同じなら、半径は小さいほうが速度は小さく、加速度も小さい。
また旋回半径が小さいと、その分直線区間が延びて、早く最高速に到達できる。

ちゃんと計算すれば出てくるのだけれど、その気力が尽きている...

大昔に検討した事があるのだが、どうだったかな。

そうであれば、低イナーシャがもっとも重要になってくるはず。
しかし、ハーフ化でいったんリセットされてしまうのかも。

|

« 帰還 | トップページ | 作業中... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103207/46222670

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれと低イナーシャ:

« 帰還 | トップページ | 作業中... »