« STM32 評価 | トップページ | 外仕事 »

2009年3月16日 (月)

CP2103

作業中、突然自作USBシリアルケーブルが、動かなくなった。
USBデバイスが認識されないとのメッセージが。
ばらして半田付けをつついてみるけれど、事態は変化なし。

今時、新しいのを買っても千円以下なのだけれど、ずっと使ってて使い慣れているので、チップの張替えを試みる。

------

今ではFDTIのチップがよく使われているけれど、その頃のは、ドライバの相性だったか、マイコンのフラッシュ書き込みでうまく使えないことがあった。

うまく使えるUSBシリアルアダプタを色々探した。
これなんて、結構うまく動いて重宝したけれど、別にUSBケーブルが必要だったり、D-SUBのオスメスがなぜか逆で、こっち側も反転アダプタが必要で、どうにも気に入らない。

しょうがないので、当時出始めのCP2101を使い、スリムケーブルをばらしてかさばらないのを作った。
なかなか調子よく、途中で機能アップしたCP2102に張り替えて、使い続けている。

その後出てきたCP2103も、物だけは調達していた。

------

090316

さっそくC2103を出してきて張り替えてみるが、うんともすんとも言わない...?

よくよく見てみると、CP2102とCP2103は、パッケージは同じなのだけれど、ピン配置が色々変わっている...
なんてことだ。
CP2101→CP2102のことがあったので、すっかり油断した...

|

« STM32 評価 | トップページ | 外仕事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CP2103:

« STM32 評価 | トップページ | 外仕事 »