« 中部地区大会 | トップページ | 帰還 »

2007年11月 1日 (木)

ゲート ドライバ

中部地区大会で1/2マウスの回路図を見せていただいているときに、POWER MOS-FETゲートドライバが目にとまった。

型番を聞き、ググってみる。
ハーフブリッジを駆動するための、上下のPOWER MOSのゲートを駆動するドライバが、2個1セットになっている。
で、普通のドライバと違って、ゲート入力は1個しかない。
この1個の入力で、デッドタイムを織り込んで2つのゲートのドライブをしてくれるらしい。
なーんだ、こんな便利な物があったのか。

Digikeyとかで検索すると、同期型ドライバと分類されている物は、その類らしい。

------

そうだよなあ、いっつもデッドタイムをどうやって作るか悩むもんなあ。
結局、CRで組むもんだから、ゲートドライバ自体はパッケージは小さくとも、取り巻きのチップCRで、全体としては小さくならないんだよな。

------

いろいろ候補を出してみるも、電源電圧の制限とか、それぞれ色々癖をもっているようだ。
とりあえず、実装面積優先で検討してみる。

当面の候補は、ISL6605/9あたり。
パッケージが小さいのと、ブートストラップ用のダイオードが内蔵されているのがよさげ。
電源電圧範囲が狭そうなのが、ちょっと心配。

これで、1/2マウスの基板面積が目に見えて改善されたようだ。
感謝。

------

本日より週末まで、外仕事。
来週も、外仕事3連発。
ここしばらく篭って仕事ばかりだったのが、反動が来ているかのようだ

|

« 中部地区大会 | トップページ | 帰還 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲート ドライバ:

« 中部地区大会 | トップページ | 帰還 »