« モーター評価 | トップページ | 帰還 »

2007年10月14日 (日)

モーター評価続き

ソフトを書き換え、駆動方法を変更して、低速回転時のテスト。
50mm/sec想定。

まあ滑らかには回るけれど、やはりトルクは小さい。
50g級マウスなら十分かもしれないけれど。

低速での滑らかな回転には、高分解能のエンコーダーが必要なのか...

しかし、これからエンコーダーを追加するというのもアレだ。

有名な、マイクロテックラボラトリ社の超小型エンコーダー、MES-6でさえ、1個5gもあるのだ。*
左右で10g...はちょっと重い。

ソフトだけでできることも、まだあると思うので、もう少しやってみる。
しかし、そろそろ実験用のシャーシが必要だ。

-----

本業は、まあまあ。
ここではない仕事が忙しいのだが。

明日は、うまくいくといいね。
皆のためにも。

------

本人が好きでやっていて、才能も持ち合わせている人の作る物は素晴らしい。
なんというか、破壊力がある。
破壊されるのは、自分の固まっていた何所か。

簡単で大事なことだが、ここしばらく忘れていたような気がする。
なにか、復活したかも。


------

*追記)

MES-6の重量について、エンコーダ本体は1g程度だそうです。

|

« モーター評価 | トップページ | 帰還 »

コメント

ご無沙汰してます、井藤です。
MES-6のカタログには5gと書かれてますが
半分以上が300mmある線材の重さだと思います。
たしか1g前後だったと思います。

投稿: 井藤 | 2007年10月14日 (日) 03時28分

ご無沙汰しております。
ご指摘ありがとうございます。

なるほど、そういうことならば、俄然魅力的です。
どうにも行き詰ったら、検討してみます。

ただ、それなりに値段が張るので、購入するにはちょっと気合がいりそうですが。

投稿: 綿谷 | 2007年10月14日 (日) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モーター評価続き:

« モーター評価 | トップページ | 帰還 »