« モーター評価続き 2 | トップページ | モーター断線 »

2007年10月20日 (土)

1/2センサ

反射光センサ用のフォトトランジスタの小さいものを試してみる。
物はこれ

ブレッドボードを引っ張り出し、適当に回路を作ってテスト。

基本的にBasicMouseの回路そのままで、アンプとピークホールドの回路無し。
負荷抵抗10kΩ。
光源は、スタンレーのFR3863Xをパルス駆動。
オシロスコープにて出力波形を観測。

------

光軸はあわせてないけれど、だいたい150mmくらいの距離から反応するようだ。
近距離でも飽和することもなく、3Vくらいまで出力がある。

まあ、なんとなくうまく動いているように見える。
まだピークホールドの回路は組んでないので、そこらへんの評価はいまからだが、なんとなくうまく行きそうな気がする。

------

基板レイアウト、進行中。

|

« モーター評価続き 2 | トップページ | モーター断線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1/2センサ:

« モーター評価続き 2 | トップページ | モーター断線 »