« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月29日 (金)

日々雑感 07/06

6月も終わりだ。もう2007年も半分終わったの?
とはいえ、そろそろ2008年の話も、ちらほら出てきている。
そんな時期なのだね。

------

今月の中頃、初めて行く見慣れた地での出来事。
前の勤め先で一緒だった人に再会する。
十、、、5、6年ぶり?

ある朝、突然姿を見なくなって、どうしたのかと思っていると、その月末には円満退社したとのこと。
えっ、机の上なんて、片付けてすらいないのに...
一応平取なのに、こんなんでいいの?...などなど、新人だった自分にとって、衝撃的な人だった。

話してみると、当時のままの印象。
今だバリバリの現役。
世界中で活躍されているようです。

------

マウスは、ちょっとづつ作業。
ユニバーサル基板を切って、仮に駆動ブロックを組みつけてみる。
基板側のコネクタを仮に取り付けて、モーターの配線をぴったりの長さになるように切りそろえる。

バッテリのコネクタと、モーターのコネクタへの配線が、微妙に干渉する。
コネクタを機体の右側に移動することにする。
こっちのほうが、合理的ではある。

私は左利きなので、マウスを右手で支えて、左手でスイッチ操作をしたりバッテリ交換をしたりする。
このレイアウトのほうが、左手向きだ。

------

マウスも道具なので、道具としてのハンドリングも、勝敗を決める重要な項目だと思う。
機体として理想を追いかけるばかりが、よい訳ではないような気がする。

現行の機体は、L/Oの実現にばかり傾倒してしまった感がある。
そのあたりの反省と、もちろん性能追求で07モデルの検討をしているつもり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

作業再開

1日休んで、とりあえず復活。

駆動ブロックを再調整する。
この状態でいろいろ計量してみる。

このまま組み立てると、大体87gくらいになりそうだ。
現行モデルが約125gといった所なので、35gくらいの軽量化。
これなら何とか、現行モデルと同じくらいの加速度は出せるはず。

よく見ると、基板の地上高が、現行モデルより0.5mmくらい高いようだ。
どこでミスったか...

とりあえず、駆動ブロックを基板に取り付けるときに、シムを入れて調整すればいいのだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

外仕事です

また関空へ。
さすがにこれくらい通うと、だんだん様子がわかって来た。
他に比べて、最初は使いにくい空港だと思っていたのだけれど、体のほうが慣れてきたようだ。

ここのところ使っていたウイングとは、別の方面なのだけれど、このあたりでは無線LANが使えるようだ。
待ち時間も快適。

今日の便は、すいている様だ。
そこに見える機体は777だし、配置は2-5-2だったはずなので、横になって寝られるといいのだけれど。

戻りは月曜昼間の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

駆動ブロック仮組み

週末、子部品を作ったので、調子を見るために仮組み。

070617

噛み合わせがよくない...慣らしをしてもよくなるかどうか微妙。

------

この状態で、1個31g。
ねじの長さを詰めたり、モーターの電線を詰めれば、5gは軽くなると思う。

これ2個とバッテリ12g、合計で63g。
全体で90g未満に収めるためには、基板を25gくらいで作らないといけない。
ということは、基板面積は現行モデルの1/2くらいか...きついな。

ちなみに基板は、いまだレイアウト中。
回路図は存在せず。
たぶん、基板完成と同時に回路も確定。
趣味全開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

帰還

週末前に帰還。
最後まで付き合っていると体がきついので、自分の仕事が終わり次第、早々に退散する。

しかし、いつ乗ってもこの便は混んでいる...
今回もきっちり満席。何でジャンボを使わないんだろうか。
燃費が悪いからかな?

------

来週は、木曜発の月曜帰りで、北緯3度。
ここを超えれば、しばらく国内のはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

現地入り

家から車で2時間、飛行機12時間、そしてまた車3時間。
待ち合わせ時間含め、20時間掛け、現地入り。

はじめて来るのだけれど、見覚えのある場所だ。

ふーん、割と広いかな、思っていたよりは。
でもまあ、今の基準からすると、かなり狭い部類。

------

今回は、何かをしに来ているわけでなく、ただ居るのが仕事みたいなものなのだが。

早速LAN接続して、いろいろメール処理。
...やはり、こんなところに来ている場合ではないのだが...気は急くが仕方ない。
何事も起きないことを祈ろう。

------

明日は雨らしい。

------

移動中に検討したところによると、QFP100PとQFP64P+RESET+X'talは、QFP64Pの方に軍配が上がったようだ。
占有面積は、ほぼ互角なのだけれど、L/Oの自由度がある分64Pのほうが、無理がききそう(?)なことが分かった。

反射光センサの受光回路は、オリジナルの回路を使っていたのだけれど、ぎりぎりまで詰めることを考えると、BasicMouseの回路を採用しようか?とも思う。

自前のオリジナルの回路は、オペアンプを1回路あたり2個使う。
オペアンプも小さくなっては来ているのだけれど、やはり占有面積に差が出てくる。
遠距離での感度は差がないと思うし、近距離での出力飽和特性は、オリジナルのほうの回路がいいのだけれど。

飽和に関しては、飽和する前の状況もモニタすることで、回避できそうなことが分かってはいる。

検討中...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

外仕事

ここのところ毎月のように、外に出ている。
今月は2回。今週と来週。
これで終了のはず。
土曜日には帰宅の予定。
2泊4日1機中泊なのだが、結局、帰ってきた日は、何もできないのだよなあ。

移動中は身動きも取れないので、それはそれで、いい作業時間になるのだけれど。
今日は、07モデルのアートワークでもしながら、移動しようか。

------

マウスの素材をいろいろ発注している。
到着した部品を、ざっと計量すると、トータルで100g近くになりそうだ。

これはまずい。
80g半ばくらいに収めないと、辻褄が合わないのだが。
8個もあるホイールのベアリングをやめて、ジュラコンか、テフロンのスペーサーにすべきか...

回路をもっと絞り込んで、基板面積を詰めるか。

03Bを作ったときと比べても、部品は進化している。
当時使ったN+P POWER MOS FETも、今ならさらに半分の面積で実装できる。

QFP64Pのプロセッサにリセット回路とクリスタルをつけるのと、QFP100Pでどっちも内蔵されているチップでは、どちらが占有面積が小さいのか...

------

出発まで1時間なのだが、ボーディングゲートには、まだ人影は少ない。
横になって寝られるといいのだけれど...どうかな?
やっぱり無理かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

作業中

先週とうって変わって、今週は忙しかった。
色々な急展開に、翻弄される日々。
金曜日は、久しぶりにダウン。1日寝込む羽目に...

で、降って沸いたような大物が、1つやってきた...

かなり楽しそうでは有るのだが。
どうもやはり、そういうめぐり合わせのようだ。

------

不貞寝していても始まらないので、設計再開。

070603

重量は80g台を狙う。重心高は5mm前後。
ロードクリアランスは0.5mmだが、段差に引っかかったら潔くあきらめるということで。
4駆だから、そうそう大丈夫だとは思うのだけど。

通常の2輪とすれば、重量的にはずいぶん楽なのだけれど、”同じコンセプトに基づくマウスは1台のみ”の規定に、引っかからないとも限らない?
まあ大丈夫だとは思うけれど。

このL/Oも、メリットがありそうだと思って採用しているので、白黒つくまでは継続したいと思う。

------

現行のもののソフトウエアも完成させて、大会参加したいと思っている。
プロセッサが電気を食って、待機時の稼働時間が短いのが難点。
電池交換がしづらいので、デバック作業が中断してしまいがちだ。
SH7144なので仕方ないところだ。

------

マウスは、軽くすればするほど、モーターは電気を食わなくなる。
軽いDCマウスは、本当に電気を食わない。
ほんの2~3百mAhのバッテリで、延々走り続けられる。

相対的に、プロセッサの燃費が気になるようになってきた。
このあたりが、最近のテーマという感じ。

やはり、妥協してしまった部分は、あとあと遺恨を残すものだが....

------

などと、夕食後妄想していると、現地(何処?)からのホットラインが。

なんだかリアルタイムで狼煙が上がっているとか。
やれやれ、来週もまた、遠出のようです。

別件もあるので、まあ仕方ないところ。
なかなか、腰を落ち着けて作業、もままならない。

またしばらく外出日記になりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »