« 新型L/O | トップページ | 作業中 »

2007年5月27日 (日)

1/2

井谷さんのところに、ちらりと1/2の話が出ている。
ふーん。
迫力という点では、やはり大きいものの方が絶対的に有利なのだけれど。

なんにせよ、自宅調整用迷路(6x4)のサイズが、12x8相当になるのはいい感じ。
今の、フル迷路から遠く離れてしまっている身からすると、ありがたいことだ。

------

1/2サイズなら、モーターの出力をさらに絞れる。
今のマウスの重量1/8...には、さすがに無理だろうから、しばらく前のマウスの1/8の重量として、40~50gくらい。
モーターの重量は、全体の20%位だと思う。
とすると、1016サイズ(6.5g)くらいか。

...妄想中....

------

プロセッサも、QFP 64P位の大きさがぎりぎりか。

PICあたりだと、いくらでも小さいものがあるけれど。
マウスではハードウエアの点数も、ソフトウエアの規模もそれなりに要求される。
それらを満たすようなPICでは、結局それなりのチップになり、サイズのメリットが少ない気がする。

|

« 新型L/O | トップページ | 作業中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1/2:

« 新型L/O | トップページ | 作業中 »