« 全国大会決勝 | トップページ | 今日の出来事 »

2006年11月26日 (日)

閉会式

油田先生の講評。
例年、翌年の大会のことについての重要な連絡事項はこの場で話される。
何はなくとも、これだけは聞いておかなければいけない。

------

一応、来年は同じ時期に、東京近郊で開催したい意向であるとの話。
全国大会は今年で終わらせるつもり、というわけではなさそうで、安心した。

で、エキスパートクラスにおいては、同一のテクノロジで作られていると思われるロボットが複数出走している場合は、そのすべてが賞典の対象から外れるということが話された。
多少機能に関係ない外装をつけたり色を塗ったくらいでは、同じものとして扱われるということか。

なるほど。

一見厳しそうだが、当然ながらマウスが動くところを見ているので、同じアーキテクチャや制御方法を使っているかは、見ればわかってしまうと思う。

ハードは使っている部品を見ればそっくりなものが作れるとおもうけれど、ソフトウエアはソースコードでもなければ、そっくり同じ動きをするものはなかなかつくれまい。

結果的にそっくりでも、違うと言いたければ、ソースコード持参でアピールすればいいと思う。
マウスの本質は、やはりソフトウエアなのだから。

|

« 全国大会決勝 | トップページ | 今日の出来事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 閉会式:

« 全国大会決勝 | トップページ | 今日の出来事 »