« sh7125 | トップページ | 終了&撤収 »

2006年10月28日 (土)

今日の活動

朝、いつもより1時間半ほど早く家を出て、北関東のギョウザの町に向かう。
打ち合わせは、早めに終了。

------

新幹線経由で秋葉原に戻っても、6時前だったので、途中下車して急いでいろいろ回る。

西川ねじで必要なものをかき集める。
この手のねじってのが、通販とかでは買いにくいものなのだ。
鈴商でチップトランジスタを買い、秋月でピンヘッダを買う。

------

用事が済んで、まだ時間に余裕があったので、最近オープンしたというRoboSpotを訪ねてみる。
夕暮れの路地を歩いていくと、突き当りがどうやらその場所らしい。

近づいていくと、中に見慣れた顔が...マジですか。
ご無沙汰しております。

------

中に入れてもらって、話題のKHR-2を触らしてもらう。
くまたろうの作者の方とお話をさせていただきながら、いろいろいじってみる。
これは...もはや、世間でいう製品なのですね。

確かにすごいな...
2足歩行機械を作るといった部分は、もう手の入れようがないのかも。
外装を作ったり、使い方(遊び方)のほうにシフトしているのが象徴しているのか。

トルクのかかっている関節を、手でぐりぐりやってみたりすると、バックラッシュはそれなりにありそうで、ゲインも高そう(保持力が強そう)なのに、ちょっと前にはよく見られた、ハンチングでガタガタ震えるようなこともなし。
おそらくはアクチュエータ内部に、今時な制御が入っていて完結しているのだろうなあと思う。

------

自動車と似たようなものなのかも。

もはや、車も、買ってきたものを前に、趣味レベルで、(車としての)機能をどうこう出来るような代物ではなく。
いわゆる車好きといわれる人たちがしていることは、内外装を凝ったり、出来合いのオプションパーツを取り付けたり、ワックスかけたりして楽しむことが大半なようで。

車は、実用品という側面もあるし、命にかかわる部分もあるので、趣味だけで作るわけにはいかないので、仕方ないとも思う。

------

しかし、完全なる趣味の分野でこれは、出来がよすぎて、方向性をかなり絞っているようにも思うのだけれど。
どうしても、製品として提供するには、こういった切り口にならざるを得ないのか...

もっと、こう、ふにゃふにゃな感じで、ひょいひょい歩くような物はできないものか...

たとえば、歩いているところを上から押さえると、押されるまましゃがんでしまうのだが、手を離すと、転んだりせずに、ゆるゆると立ち上がりながら歩きはじめるような...

------

そうそうたるメンバがそろっていて、後ろ髪引かれる感じだったけれど、帰宅しないわけにも行かず。
急いで、秋葉原の駅に向かう。

|

« sh7125 | トップページ | 終了&撤収 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日の活動:

« sh7125 | トップページ | 終了&撤収 »