« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月28日 (金)

雑感

電車を降り、しかし8ヶ月ぶりの都内は相変わらず。
生まれ育った地よりも長くを過ごした街だ
駅も体が覚えている

蒸し暑く、埃っぽく、なーんか臭い
アジアの街、なのだよなあ。

------

先日、数年ぶりに仕事で訪ねた某所は、記憶の中より一回り
大きくなっているうえに、更に拡張工事中。
何をそんなにすることがあるのだろうか。
中は往事をしのぐと思われるほどの人で溢れている。

しかし雰囲気は老人ホームか病院のようだ。ここの前身は、
雰囲気は良くはなかったかもしれないが、活気はあったと思う。

これでは結果がでないのも仕方ない様子。
古くからの顔にも出会うが、顔色は良くない。

本体の本業では絶好調だそうだが。余計に明暗つくのか。
十数年前をピークに、今は事業(?)として黄昏時なのかもしれぬ

------

いつでも自分の意思で止めてもいいし、ほかに優先されることが
いろいろあるゆえに、マウスは止まらないのかも。

さて、今日は電気街だ。
何も変わらない、変わっていないとは思うが、どうだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

今日の作業

某所にのりこむ。
この長期ロードでのヤマ?
まあ、なんとか終了。首尾もまあまあ?たぶん。

懐かしい顔にも再開する。15年ぶりくらい?変わらないなあ...

さすがに疲れたらしく、宿に戻ると、知らないうちにぶっ倒れて眠っていた。

さて、あと2日。

------

当面の懸案が終わったので、今日あたりからはマウス作業再開したいところ。

可視光センサが使えるようになったので、先に進められる。
とりあえずスラローム探査からか。
まだ若干ハードウエアをいじらなきゃいけないところもあるが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

移動

杜の都から北関東某所まで自力移動。
意外と早く終了したので、宿で作業。

------

まだまだ可視光センサ。

パルス発光の合間にもセンサの出力をサンプリングする。
その値をバックグラウンドレベルとして、フォトトランジスタにバイアスをかける...その前に、とりあえず発光させているタイミングと、発光させてないタイミングの両方の値をモニタリング。

たとえ、バックグラウンドの環境光でセンサが反応していても、フォトトラの出力自体が飽和していなければ、ソフトウエアで引き算すればつじつまが合うはず。
バックグラウンドレベルが上がりすぎて、AD値が飽和するようになったときに初めてバイアスをいじるようにすればいいはずだ...

シングルスキャンモードのチャネル設定を勘違いして、少しはまる...

とりあえず、天井の明かりにセンサを向けたりしてみて試す。
リアルタイムのモニタリングによると、自分の発光の反射光と、バックグラウンドの受光分を、それなりに見分けているようだ。

そして、この場で試している限りは、使用領域でフォトトラは飽和して無いようなので、とりあえずバイアス最低のまま固定で進める。

ここまではいい感じだ。

------

明日は午後から伏魔殿、というほどでもないが...かなり久し振り。
今の身分では初めてだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

今日の作業

割と早く終わったので、宿の部屋で作業。

地味なところだけれど、反射光センサの評価のために、リアルタイムでのモニタインターフェースを実装する。
コマンドラインはそれはそれで便利なのだけれど、アナログセンサのようなものは変化をリアルタイムに参照できたほうが、なにかと便利なものだ。

センサゲインコントロールの動作検証をするためには、必要だと思っていたのだけれど、ようやく作業完了。
動作はいい感じ。
これでようやく次のステップへ進める。

明日も今日くらいの時間に帰還できるといいのだが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

夏の巡業

ようやく準備も終わり、北へ移動中。
東北→北関東→都内 10泊11日。

一応装備はしてきた。
日程の真ん中辺が厄介なのだが、特に前半は時間が取れるんじゃないかと、淡い期待をしている。

その後、去年11月以来の電気街の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

川掃除

朝一から地元の川掃除に参加。
川掃除というか、ドブさらいだが。

------

このあたりは、やけに川が多い。
街道筋を車で走っていると、ほんの2~3kmおきに大きな川を越える。
小さな川になると、もうすごい数だ。

どうも、昔(数百年前)、干拓で作られた土地らしい。
排水のために、たくさん川を作ったということなのだろう。
昔はこのあたりには、風土病(瘧)があったとか。
今で言うマラリアの一種とか。なるほど....

------

地域活動は、午前中で終了。

------

来週から再来週にかけ長期ロード。

そして再来週末は、都内に滞在の予定。久しぶりに秋葉原にも寄っていってみよう。
マウスの支部例会でもあれば顔でも出してみようかと思っていたのだけれど、休みに入って講習会の時期なので、月例会は無いタイミングかもしれぬ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

ココログメンテ終了

ココログのメンテナンスが終了したらしい。
まる2日も止まっていたようだ。

2交代、3交代で続けてメンテ作業をしていたわけではないのだろうな。
それなりに大きなシステムなのかもしれないけれど、意外と少ない人数でメンテナンスしているのかもしれない。

------

マウスの進捗は思わしくない。
とりあえず、懸案のLEDを交換してみる。

使っているLEDは、BasicMouseと同じTLRH180。ストックしておいた数年物を使った。
この際なので、今、手に入るものでよさそうな物に変更してみた。
http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?c=opto&s=popularity&p=1&r=1&page=25#I-01317

結果は良好。
TLRH180に比べ、圧倒的に明るい。
ゲインを絞っても、一区画先の正面壁でもわずかに反応するようになった。
もう少し、全体のゲインを落としてもいけそうだ。

BasicMouse講座から、すでに4年。
部品の進歩は確実にすすんでいるようだ。
TLRH180も、最初見たときはずいぶん明るく感じたもんだけどなあ。

------

Fさんへ、28日か29日なんてどうでしょう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

反射光センサ調整

久しぶりになってしまったが、時間が取れたのでマウスのキーデバイスである反射光センサの調整をする。

今回の回路。発光側は、今までどおり、BasicMouseの回路のまま。
コンデンサにチャージしてパルス発光する。
参考までに、発光パルス幅は125usecほど。

受光側は、連綿と受け継ついでいるオリジナル回路。
特徴は、HPFを使っていないところ。

今までの回路は、ハードウエア的にバイアスを調整して、低い周波数帯域でのゲインを落としていた。一種のAGCを構成している。
これにより、遠距離側はBasicMouse並みのレンジを確保しつつ、近いほうでも飽和しないように出来た。

今回はAGCをハードウエアだけで構成するのではなく、ソフトウエアを使って実装してみる。

とりあえずゲインを最低に絞り、どのあたりで飽和するかテストする。

左前センサにパターン設計ミスが1箇所。パターンカット&ジャンパで修正。
なんとなく、ほかに比べてLEDが暗い気がする左横センサが、出力が低めなようだ。
こっちはLEDを交換してみよう。

ひとまず十分ゲインが絞れることがわかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »