« つれづれ | トップページ | 旅券 »

2006年1月11日 (水)

電池

060111

手配していたリポが入荷したようだ。2セル構成 300mAh。
お約束だが、アッセンブリが適当で、本来の寸法から1mmくらい大きい。
センタータップも出ていないし、どのみちパックしなおすので、チューブをじょきじょき切ってばらす。

タブ同士を超音波溶接する製造とやらは、どんな感じかと見ると、普通に半田付けのようだ。
表側からは見えないようにしてあるけど。

しかし、こういったものは進歩が早いものだ。
これを当てにして作ると、また2年後には使えるバッテリがなくなってしまうのだろうなあ。

------

20Cで300mAhということは、6A負荷に3分間耐えるということか。

バッテリを探しているときに、ピークで6Aくらい、というとぎりぎりですねと言われた。
ふと、学生時代の先生の話を思い出す。

実験のレポート提出の時の質疑応答で、100V耐圧のコンデンサに100Vかけたらどうなる?と聞かれた。
(マイクロマウスは作れなかったけれども)そこそこやってたつもりの自分は、
場合によっては壊れるものもあるかも、と答えた。

正解は100%壊れない。

あっ。100V耐圧というのは、100Vでは必ず使えるということなのだ。
当たり前なのだけれど、数字の意味は正しく捉えなければならない。
数字で言うと、なんとなくなんでも根拠がありそうな気がするが、なにを意味するかが重要。

思えば、あんまり優秀な学生ではなかったのだけれど、学校で教えてもらって持ってこれた、数少ないもののひとつだ。

------

このバッテリの謳いの、20Cというのは何を意味するのだろうか。
産業用ではないので、少なくとも性能保証値ではないのだろうけど。
代表値?チャンピオンデータ?あるいは期待値とか...

------

某所で、去年の大会の秘蔵動画を(勝手に)見せていただく。
えーと、私の本業ご存じないですか?
宣伝はしていないけれど、隠してはいないので知っている人も、けっこう居られるはずですが。
中小企業のサラリーマンですよ。

|

« つれづれ | トップページ | 旅券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電池:

« つれづれ | トップページ | 旅券 »