« つれづれ | トップページ | ADコンバータ 続き »

2006年1月24日 (火)

ADコンバーター

1週間ぶりに帰宅してみると、案件がけっこう溜まっていた。
処理に時間がかかる。

------

出先で悩んだADコンバーターは、アナデバのAD7923だった。
やっぱり勘違いしていた。あぶない。
以前はマイクロチップのMCP3208を使うつもりだったのだが。

新しいマウスには、ADXRS300を搭載する予定。
以前にも使ってみたことがあるのだけれど、どうもオフセットの処理がうまく行かず、有効活用できなかった。

CPUは7145の予定。
このCPUは3.3V単一電源動作で、5Vのジャイロ出力をADに接続するためには、なんらかの方法で分圧しなければならない。
この分圧の精度が気になるところ。(過渡特性も含めて)
不確定要素を減らすために、直接5Vを受けられる構造にする。

------

CPU内蔵のADコンバーターだけれど、精度的にはどうしても、外付けのADにはかなわないような気がする。
12ビット出力の外部ADCを使ってみる。

------

AD7923のユニークなところとしては、Vccが5Vでも、VDRIVEに任意の電圧を入力することで、Vccとは違う電圧のロジックレベルに対応できるところ。
今回みたいに3.3Vロジックに接続するには、非常に都合がいい。

------

もう1点、ファレンスに、フルスケールの1/2の電圧を入力するようになっている。
ADXRS300のリファレンス出力は、(なぜか)2.5V。
これを接続する予定。

もともとはMCP3208を使い、2.5Vとレート出力の差動で処理しようと考えていたのだけれど、こちらのほうがよりいいはず。
以前、うまくいかなかったのは、レート出力とリファレンスを別々に変換して、演算で処理していたのが原因では?とにらんでいるのだが、どうだろう。

------

基板の進捗は90%といったところ。
なんとしてもLEDを載せきりたいのだけれど。
あと、ブザーも載せたかったのだけれど、これはさすがに無理っぽい。
パッドだけ用意しておいて、適当なところ(CPUの上?)に貼り付けるか..

|

« つれづれ | トップページ | ADコンバータ 続き »

コメント

16bitですか...
以前の話は、H8内蔵ADなので、いいとこ10bit。
まあ実力8~9ビットなので、全然桁足りませんね。

16bitADなんて手に入るの?なんて、ちょっと通販カタログをめくってみると、今時はいろいろありそうですね。
基板修正しますか...

投稿: 綿谷 | 2006年1月25日 (水) 19時59分

12...

やっぱ揺さぶるんですか?コキザミに。
変換するたびに、H/Lとか。
現実的なところで、x8くらいかな。

むー...

投稿: 綿谷 | 2006年1月26日 (木) 02時46分

ベンチ...
昔のステッパ用モーターを、マイクロドライブして...と考えていたので。
コギングフリーってのは難しいかな。

投稿: 綿谷 | 2006年1月29日 (日) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ADコンバーター:

« つれづれ | トップページ | ADコンバータ 続き »