« 戦い終わって | トップページ | バッテリパック »

2005年10月18日 (火)

やっとこ帰宅

したのもつかの間、そのまま次の仕事に入る。
風邪を治したいのだけれど、仕方ない。

しばらくぶりの人と合う。某社の近況など聞く。
ふーん。昔、グダグダになって中断した頃の雰囲気を、そのまま引き継いでいるのか...
と、いうより関わっている人で、ホントの所、結果を気にしている人なんているのだろうか。
勝ち負けなんて遠そうだ...
万一、勝つようなことがあれば、そのフィ-ルドがせいぜいその程度の物だということになってしまうし。

興味ないなら、いっそ、そろそろやめてもいいだろうに、と思うのだけれど。
と言えば、どこの会社もそんなモンだよ、と諭されてしまう。
がっくし。まあ、そうかも。笑

教育が大事なのか?特に道徳。

------

中身はわりとどうでもよくて、見えるところをどう見せるかが大事か。
まあ、見栄えを気にしなさ過ぎもダメだけれど、イメージ戦略だけってのも...

------

そういえばこの間、RoboOneの前回の大会の動画を見た。
今回のお題は、走ることだそうだ。
なるほど、それぞれだなあ。

走ると言えば前傾姿勢。しかし、おしなべて上体が起きているせいか、雰囲気は今一つかも。
直立位置でバランスをとっているので、上体を大きく傾けるわけには行かないのだろうと思う。
足だけ先に行って仰向けに倒れるのは、無理もないこととはいえ...
そんな人間は...いるかなやっぱり。

ふつうのやり方(個々の静止位置を保とうとするだけ)では、絶対成立しないようなお題にしてみると、大きな進歩が誘われるのかなあ、と思ったりする。(足裏の面積を左右合計で、5平方cm以下とか)

お題を難しくすると、参加者が減る。とは思えないのだけれど、イベントとして厳しくなる(お客が退屈)のを回避しているのかな。

ムラタセイサク君型ライントレーサーとかどうだろう。
接地面の幅は全高の1/10以下、車軸中心より下には、車輪以外の構造物禁止、くらいのシンプルなルールで。
持ち時間制で周回し、最短ラップタイムと最長ラップタイムの比率で競うとか。

|

« 戦い終わって | トップページ | バッテリパック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっとこ帰宅:

« 戦い終わって | トップページ | バッテリパック »