« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月30日 (金)

帰還

ようやく帰還。
今回は火の国。

そりゃあもう、地の果て辺境の地。
どれくらい辺境かと問えば、風力発電の風車が群れを成して回っているほど。
1つや2つくらいなら、首都圏の海岸沿いにあるけれど、そんなのが山の中に10数基も並んでいると、スケール感は無くなり、荘厳な感じさえする。

この感じは...野辺山もこんな感じだったかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日)

筋肉痛、などなど

昨日ばたばたして、道具もって走り回ったせいで、あちこち筋肉痛。
握力も出ない。
引っ越す前は、毎日それなりに歩いて通勤していたので、足が筋肉痛なんて無かったのだけれど。
なんてことだ。たった2ヶ月で弛むものだ。

------

仕事は、いいとこなしで終了。がっくし。
本番は今日だったのだけれど、明日も居残り。早く帰りたい...

------

ところで、東日本大会は今年も変わらず開催されたようだ。
どうやら、勝ったのは井藤さんらしい。
私がマウスを始めてから、東日本大会で勝っているのは、ずっと井藤さんのような気がする...
すばらしいことだ。

そういえば、支部サーキットは米さんの吸引マウスが、とうとうその本来のポテンシャルを発揮し始めたらしい。
すばらしいことだ。

おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月23日 (金)

裾野でいろいろ仕事

世は3連休というのに、朝から晩まであちこちで仕事。
なんだか、プロジェクトが5、6個くらい回っているぞ...
なんだか10年来くらいのレベルで忙しい。

あれこれ吟味してないで、ばさばさやっつけないとヤバくなってきた。

------

今日は東日本大会があったはず。
いつもよりは近い空の下で、思いをはせるが...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月22日 (木)

BasicMouse/DC

BasicMouse/DCのページへのリンクが無くなっているのに気がついたので、書いておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

日々雑感

なかなか日記に書くネタが無い。

とりもなおさず、本業が忙しいのだが。今週末は√5にて4泊の仕事。
東日本支部の大会があるのだけれど、今回ばかりは何処をどうしても参加不可能。
残念無念。とか言いながら、マウスもぜんぜん手をつけられないのだが。

この分では全国大会もどうなることやら...
だけれど、なんとか体を空けてボランティア参加でもしたいところ。
確定しないので、手も上げられず...

------

仕事場で、何処をどうしたものやら、昔の自分の仕事に出会う。
巡り巡って、過去の自分(の分身)と対面するのは、奇妙な感覚だ。

考えてみると、たった2ヶ月前には、前の仕事場にいたのだけれど、なんだか、もうずいぶんと昔のことのような気がする。

すんでいるところは、まだまだ馴染まないところもあるのだけれど、仕事場は数年来居るような感覚が無きにしも非ず。
不思議な感覚といえば言える。

------

7sは(も?)ド直販のみなのだろうか?
要望は多そうだと思うのだけれど、やはりサポートがネックなのだろうか?
最近そればっかり言ってるかもしれないが....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

今日のarm-tiny

通電テスト中。
昼間はいろいろ用事を済ます。
SPIコーディング中...

050918

ボード上のLEDは、SDカードのBUSY表示としても使えるように配置してある。

------

どうしても書かずにはいられない。
ひっそりとやってます、などと言いながら、自分の作ったものが誰かに話題にしてもらえるものはうれしいことだ。
気がつくとカウンタが壊れそうなくらい回っている。流石。すごいものだ。
私も同じく、内なるものに形を与え続けたいと思う。

------

本業も好きでやっているのだけれど、こういう経験は趣味でないとなかなか得られない。
個人で仕事をやっているわけではないので、成果物に個人名を乗せるわけにも行かず。

最後になってしまったけれど、SDアダプタをコネクタとして使うのは、マウスの月例会の後の飲み会でアイディアをいただきました。
ご披露させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

miniSD取り付け

armボードにminiSDを取り付ける作業。
miniSDカードを買うと、もれなくついてくるSDサイズ用アダプタをコネクタとして使ってみる。

しかし、失敗だった...考えてみれば当然だけれど、アダプタの端子は耐熱性がまったく無い。
半田付けをすると、見る見るうちに崩壊していく...
なんとか根性で組み立て。
だれにでもできるとは、お世辞にもいえない...設計変更かな...

ま、ともかく1個作ってみた。
0509161 部品

0509162 SDアダプタに、L型ピンヘッダを直に半田付け。

0509163 寸法を詰めるために、ピンヘッダーのインシュレータは、半田付け後に外す。

0509164 ボードに取り付けて完成。

で、以前作っていた、FAT関係のルーチンをshから移植すれば....
これくらい容量を確保できれば、マウスのデータロガーとしても、十分役目を果たせそうだ。
ようやく、本道に戻ってこれるか?
まだまだかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

作業進まず...

本業が忙しくなってきた。
ここ5年くらいは、わりと時間や精神的に余裕があったのだけれど、仕事を代わってから、徐々にではあるが忙しくなってきている。

なれないことが多いので、勝手がわからないけれど、その分新鮮で楽しい。

------

armボードは、外部メモリ(miniSDカード)接続のために、マニュアルのSPIの項を読み始める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

uartとADC

シリアルコンソールからの、原始的なリアルタイムモニタコマンドを作ったので、ADCを動かして様子を見てみる。

ユーザーズマニュアルには、入力0~3Vとあるので、3.3Vを受け付けるのかちょっと不安だったけれど、データシートのほうにはちゃんと0~VDDAとある。
紛らわしいというか、なんでわざわざ不正確に書くのだろう?

------

デバッグコマンドを使うために、GCCの吐くMAPファイルを見て、グローバル変数のアドレスが何処に振られているか見る。

COMMON         0x40000020       0x52 main.o
                      0x0 (size before relaxing)
                0x40000020                ucAd
                0x40000040                led1
                0x40000060                wait
                0x40000070                timercnt

.stack          0x40007f7c        0x0

....おや? intやcharの変数が飛び飛びのアドレスに振り分けられている。

こういった配置のほうが、armのアーキテクチャでは効率がいいのかな?
とりあえず、問題ではないけれど。心に留めておくことにしよう。

------

動作はok。
なんとなく、H8やsh並みに手になじんできたような気がする。

いろいろ忙しくて、ちょっとづつしか作業時間が取れないのだけれど、地道に進めていけばそのうち...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月12日 (月)

uart0

本日も、地道に作業。

050912

armボード、uart0を試す。

uart割り込みだけれど、H8のような割り込み発生、解除フラグが見当たらない。
マニュアルをいろいろ読むと、IIR、LSR、RBRの各レジスタを読み込むことで、割り込みリクエストが解除されるらしい。
H8や、shのような直接的なフラグはないようだ。

それと、VIC側の割り込み解除は、また別途に必要。

サンプルコードを見ていると、こんな(風な)記述がある。

    char c;

    U0IIR;
    U0LSR;
    c = U0RBR;

なんだこりゃ?と一瞬思ったけれど、volatile宣言されているから、読み込みだけが行われる。
組み込み以外ではお目にかかれないというか、一見、異常なコードに見えるので、なんだか気持ちが悪い。

慣れの問題かな...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

工作機械

昨晩のNHKの番組。

旅客機の部品製造の話。
もはや、金属部品が主力ではないのだなあ。

胴体がカーボンコンポジットでできているのだけれど、分割なしで繊維を円筒形にくるくる巻きつけて作っている映像があった。すごい...
巻くのはいいのだけれど、あれをそのまま釜に入れて焼くのだろうか?
焼くんだろうな...引いて焼かないカーボンなんてアルミ以下だし。
釜のほうが見てみたいかも。

金属部品を削りだす映像も衝撃的(私にとって)。
早回しじゃないよな...
でかいチェーンソーで木を切っているかのようなスピード。これほんとにアルミ?
飛び散る切り子の量がすごい。

ものづくりなどと言いながら、実際には見た目の演出で何とかしよう、というものの氾濫する昨今、
こういう迫力のあるものをみるとわくわくする。
再放送いつやるのか調べておこう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月 9日 (金)

FIQ決着?

勢いをそのままに、今日もFIQ。
昨日までの作業で、Cのソースにジャンプするところでおかしくなっているところまでは分かった。
アセンブラだけで割り込みハンドラを記述しても、スタックを操作するとダメなようだ。

Cの関数内では大抵スタックを使っているはず。多分ここだな...

どうやら、FIQ割り込みハンドラの先頭で、スタックポインタを切り替えないといけないようだ。
いまひとつ理解できてないので怪しいけれども、とりあえず動くようにはなった。
割り込みコントローラー発のベクタ割り込みと同時に動かしても問題ないようだ。

あまりFIQにこだわることもなかったのだけれど、放置するのも気持ち悪くてついつい追っかけてしまったけれど、なんとか越えたようだ。

さて、次は...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 8日 (木)

FIQ

帰宅後、作業。粘ってみる。

つまらない勘違いがひとつ。
これでうまくいくかと思われたけれど、まだのようだ...

どうやら、アセンブラソースからCの関数を呼び出すところが、うまく行ってない模様。
アセンブラで割り込みハンドラを書くと、問題なく動作しているように見える。
さすがに遅くなった。今日は此処まで。
少しづつは進歩している...かもしれない...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 7日 (水)

いろいろ

今日は先週末の休日出張の代休。
いろいろ所要を済ます。

本日をもって、いろいろな手続きというか、懸案項目が一段落。
ようやく、定常状態(日常)に入り始めた。
仕事と趣味に、集中できるようになってきたかも。

マウスは新作を考えていたのだけれど、残り時間も少ないし、こだわっていると、形にするのは難しそうだ。
在庫の秋月ユニバーサルを切り出して、リポとarmボードで再構築してみようか...
BasicMouse/DC2とか。
旧インテか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 6日 (火)

台風

あちこちで被害が出ているようだ。

いまのうちのあたりは、雨風とも断続的に、といった感じだけれど。
こないだまで住んでいた関東のあたりでは、川があふれたとのこと。

それより田舎では、またしてもヤバイ感じみたいだ。
また舞台が流れるのか...
ここのところ、毎年くらっているような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

arm-tiny

思い当たる何人かに、件のarmボードをお披露目してみる。
そこそこ好感触。多分...

みな、秋月H8ボードあたりから始めるのだけれども、その次となると、現状なかなか決め手がないようだ。

やはり誰に聞いても、H8より性能の高いものの需要はあるのだけれど、sh系のボードは、どれもそれなりに大きいし、秋月armはいろいろな意味で敷居が高いようだ。

何度も書いているけれど、LPC2100とか、SAM7Sのボードが秋月から出れば、と思うのだけれど...
うかつに売り物にすると、サポートで埋まってしまうからだろうか。

------

SAM7X、これが噂の...なるほど。

バスなし100ピン、100M ether、USB、CAN。
すごいというか...戦艦大和?

バスなし100ピンならばSAM7A3がいいのだけれど、いつになったら手に入るようになるやら...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰還

北関東4泊の仕事より帰還。

いろいろいそがしい。
拘束時間は普通くらいだけれど、いろいろ作業があって、内職もままならぬ。

armのベクタ割り込みは動くようになった。
しかし、以前は動いていたFIQの方がうまくいかない。
うまくいってたのは、気のせいだったか...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »