« SDCC試す | トップページ | FT232BM »

2005年5月16日 (月)



ちょっと、せわしなくて、しばらく更新できなかったが作業再開。

一連の最後は、秋月で入手したfdtiのFT232BM。有名なUSB-シリアルブリッジIC。

あらためてマニュアルを読んでも、愛用しているCP210xに対して機能的にいいところはないような気がするが...
ひとつだけいいところは、パッケージがQFPなので、変換基板に取り付けられること...大していいところじゃないか...

ドライバ面ではいいところがあるのだろうか?
専用ドライバで1Mbpsくらい出ると、マウスのロガーデータのダウンロードに使えるかも。
組み立てて評価してみる。

|

« SDCC試す | トップページ | FT232BM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« SDCC試す | トップページ | FT232BM »