«  | トップページ |  »

2005年2月 9日 (水)



h8300-elf-gcc 続き。

やっとこH8環境で、ツールチェインが動くようになった。
リンカスクリプトの先頭で、

OUTPUT_ARCH(h8300hn)

とやっていたのがまずかったようだ。(多分)

OUTPUT_ARCH(h8300h)

とすると、うまく通った。気分的にはノーマルモードに指定しなきゃいけないんじゃないか、と思ったのだけれど。
スイッチに -mnてのもあるので、これでいいのかな。

------

今回H8用に使ったものは、

binutils-2.14
gcc-3.3.2
newlib-1.11.0

binutilsは、2.15ではgccの生成に失敗したので、2.14を使った。
armでは2.15で問題なかったのだけれど。
まあ、そのうち、なぜかは分かるようになるだろう。多分。

gccのスイッチは、いろいろあって、いまいちワカランと思っていたのだけれど、環境を構築する手順をふんでみると、なんとなく分かるようになったかも。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

«  | トップページ |  »