«  | トップページ |  »

2005年2月 7日 (月)



最近、gccをさわっている。

構築済みの環境は、JDEやベステクなど、たくさんのところで配布されているので、それらを使えば簡単なのだけれど。
ちと考えるところあって、ソースから構築してみている。

H8の環境を作っている。
コンパイル、インストールはエラーなくするのだけれど、ターゲットのソースをコンパイルすると、-lgccがどうとか(?)エラーが出てしまう。
環境変数を設定しなきゃいけないわけでもなさそうだし、やっぱり構築の段階でしくじっているのだろうなあ。
うーん...

その前にARMの環境も構築してみた。
こちらは秋月のARM7ボードでLEDをぴかぴかさせるところまでいったので、H8もいけるだろうと思ったのだけれど、なかなかそうは簡単にはいかないようだ。

------

今まではメーカー製のコンパイラばかり使ってきていたので、文化の違いに、くらくらする。

webに情報はあふれているのだけれど、gccとはそういうものなのか、なかなか再現させられない。
もっと触り込んで、文化を身につけなければ使いこなせないのか。

野望(?)までは、まだまだ遠いなあ。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

«  | トップページ |  »