«  | トップページ |  »

2005年2月27日 (日)



実作業の合間、いろいろ妄想する。

マウスではなく、実車の話。
専門ではないので聞きかじりなのだけれど。
マウスの迷路のようなタイトコーナ(というにしても、あんまりなレベルだけれど)では、ステアリング機構や操舵方法というよりは、やサスペンションやデファレンシャルのほうが比重が大きいようだ。
競技で言うとジムカーナとかか。

------

やはり、スムーズな走行ラインをとるためには、なるべく車輪の周速と対地速度を適正に保ちたい。
好ましくないずれは、どちらにせよ走行性能の低下をまねく。

しかし周速はともかく、スリップアングルも刻々と変わる状況で、何かで誤差を検知してあわせこむなんて、現実的でないように思う。
実車のデファレンシャル機構は、パッシブな動作をするので、その点では優れている。
その時点で(できる範囲で勝手に)最適にバランスする。
人間がやらければならないのは、トータルでの入力値を決めることだけだ。

------

じゃあ、もっと実車でデファレンシャルをセッティングしてもいいようなものだ。
もちろんそのとおりで、デフセッティングがびったり決まると、病み付きになるほど、車が速くなるらしい。(よく曲がるようになる)
デフセッティングの迷宮に、誰しも一度ははまるとか。

しかし、デフは回転部品で、通常そう簡単に分解できないところに組み込まれている。
セッティングを外した!と思っても、そう簡単に調整できない。(作業に数時間かかる)
で、結局現実的に、わりとオールラウンドなところに落ち着くのだとか。

そこでF1などでは、調整機構を機械式から油圧アクチュエーターに変更し、外部のコントロールユニットでアクティブに制御するような手法がとられている。

これで、パッシブな範囲を超えて、駆動力などの配分を調整できるようになる。

------

あたりまえだけれど、ステアリングの制御だけでは、アンダーステア、オーバーステアを打ち消すことはできない。
それができるなら、アンダー、オーバーの話はなくなってしまう。

ステアマウスこそ、駆動力の配分の制御で性能を上げられるのではないか、と思う。

まあ、実力が遥かに足りないのが現状なので、いつかそんな領域までいけるといいのだが...

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

«  | トップページ |  »