«  | トップページ |  »

2005年1月23日 (日)




充電中...

------

バッテリは単4型ニッケル水素4本。とても軽量を狙ったマウスとは思えない構成。手持ち部品主義ということで。
昇圧回路で、7.5Vまで昇圧。30分以上は稼動可能。

バッテリと昇圧回路で65gはある。リポ2セルとすれば30g程度は軽くなるはず。CPUボードも秋月製のものをそのまま使っている。
部品だけで計量するとほぼ180gだったので、それを超えた分、約6gは配線のためスルーホールを埋めた半田の重さがほとんどと思われる。

この構成で、基板を描いて部品を表面実装とし、CPUも出来合いのボードをやめ、じかに取り付ければ、んーと、140g?くらいにはなるかな。
回転マスは減らないけれど、重量が今よりさらに25%軽くなれば、03Bを超えられるか?

一応ネタマウス(のつもり)なので、ほどほどに...
公開しているし。

------

久しぶりにステッパーのソフトを書く。
BasicMouse/DCで経験値が上がっているので、今見てみると無駄の多い構成になっている。

割り込みなんて、タイマーWだけでも3m/sec走行相当で、平均20KHzを超える。
ステッパーBasicMouseの構成なので、1-2相励磁でアップエッジ、ダウンエッジ両方、左右にセンター相当がひとつ。
1ステップ進むために、5回割り込みがかかる。

これにA/D変換やインターバルタイマーも加わるので、BasicMouse/DCの実績、16KHzを遥かに超えている。
しかも掛け算はlongだ...

いろいろ直す。ほとんど書き直しだ...

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

«  | トップページ |  »