«  | トップページ |  »

2004年12月31日 (金)




DesignWave誌のスパルタン3基板をいじる。
目的は...マウスではない電子工作ネタ。

雑誌の付録と無料のツールのおかげで、個人の電子工作でも、いろいろなことができる。
以前では、専用ICを入手しなければできなかったことでも。

------

H8やSHのワンチップとFPGAを組み合わせて使おうとすると、いままでは魅力だった、いろいろついている周辺I/Oが余分に思えてくる。
必要なのは、FPGAではそのままでは難しいA/D、D/Aくらい。

スパルタン3くらいのFPGAが手軽に買えて、32ビットのソフトIPプロセッサがフリーでつかえれば、大方のSH2やH8クラスのワンチップマイコンは、アマチュアレベルでは、必要なくなるかもしれない。
その時代まで、あとほんの一歩のような気がする...

------

てなことを考えながら、迎える年の瀬。
皆様、よいお年をお迎えください。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

«  | トップページ |  »