«  | トップページ |  »

2004年11月24日 (水)



反射光センサの暖気について話題になっている。
どうやら、LEDの発熱によるものらしいとのこと。

私のマウスに使っているLEDはTLRH180だけれども、データシートにはケース温度対相対発光強度のグラフがある。
25度の時と、あったかいと感じるであろう40度の時では、1割くらい違うことになっている。これでは、変調をかけても読み取る値がドリフトしていくわけだ。
可視光LEDとはいえ、最大定格の50mAを流すと、それなりに暖かくなる。

こうへいさんのところで、温度によるフィードバックをかければ...との話が出ている。
そこで LEDも、まあなんというか、ダイオードなので、温度が変わればVfも変化するはず。うまく使ってLEDの温度補正をかけられないだろうか。
週末にでも試してみよう...

------

大会の時に、いただいた秘密兵器。正体はミニッツレーサーのタイヤだそうだ。
せっかく頂いたし、何かに使えないかな。

実際に組むとどんな感じなのか試すために、スペアパーツのホイールを入手してみた。税込み378円也。
材質はABSかな?いまどき珍しく材質表示が無い....
それはそれとして、改めてよく見るときれいにできている。すばらしい。

------

いろいろ寸法を測ってみる。ふむふむ、なるほど...
打ち上げの席の話の、BasicMouse/6Wなんて(ちょっと)面白いかも...いや、ステアリング機構が無理だな...

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

«  | トップページ |  »