«  | トップページ |  »

2004年10月 9日 (土)



位置補正のバグを発見。
これで机上の空論が実機に合うようになってきた。(逆)

パラメータのあわせ込みで走らせているときと、理論値ベースで走らせてるときでは、なんだか雰囲気が違う。

同じように走るのだけれど、計算値で走行しているときのほうが、なんだかしっくりきているような感じとでもいうか...

------

バッテリの残量で挙動が違ってくるのを感じる。
このマウスでは、いままであまり感じることもなかったのだけれど、斜め走行のテストをしているとわかりやすい。

ターンに入るまでのキレが大分違う。

ここをうまくプログラムできないと、パラメータ調整作業が発散しそうだ。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

«  | トップページ |  »