«  | トップページ |  »

2004年7月16日 (金)



最終便で帰還。
晴天→雷→夕立を1時間サイクルで繰り返す天気だった。

これでしばらくは心置きなくマウス。

------

中島さんのところで、LEDの話が出ていて興味深い。
多分、カメラの感度が良いせいなのだろうけれど、スペック(半値角)からすると、スポットが大きく写っているようだ。

------

改めて考えると、マウスの反射型センサは、結構広い範囲を見ているものだ。
ついつい、どこかピンポイントの値をセンシングしていると錯覚(?)している自分がいる。
壁が近いとか遠いとかはまあいいとして、適当なしきい値をきめて、壁があるとかないとかいうのは、もう少し違うやり方もあるような気がしてきた。

壁エッジの検出が(微妙に)うまくいかなかったりするのは、こういったことも原因なのかも。

時間をとって、ゆっくり考えてみる。

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

«  | トップページ |  »