«  | トップページ |  »

2004年7月10日 (土)




BasicMouse/DCは、CPUボードの配線中。
LCDとセンサ基板への配線終了。動作確認してみる。

こんな形になっても共通プラットフォームの強みで、今までのプログラムがそのまま走る。
配線終了したところからすぐに動作させられる。

------

走行コマンド列の検討。
斜めをうまく管理するためには、走行コマンドの管理手法の大幅変更が必要と思っていた。
直線を分割して管理する方法で、意外にうまくいきそうだ。

ここまで、タイヤのトレッド幅とタイヤ周長から、理論値を計算で求めて走行している。
斜め走行も、その流れに沿って計算で求めて走れるようにしたいところ。たぶん問題ないはず...

|

«  | トップページ |  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

«  | トップページ |  »